日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

移行後の ESXi ホストの修復準備

寄稿者 netapp-barbe netapp-ivanad ntap-bmegan このページの PDF をダウンロード

7-Mode Transition Tool ( 7MTT )の移行が完了したら、 ESXi ホストのさまざまな修復タスクを実行する必要があります。これらのタスクを実行する前に、いくつかの手順を実行する必要があります。

  • コピーベースの移行( CBT )の場合は、 7MTT でストレージカットオーバー処理を開始する前に以下の手順を実行します。

  • コピーフリーの移行( CFT )の場合は、 7MTT で 7-Mode システムのエクスポートおよび停止処理を開始する前に以下の手順を実行します。

手順
  1. 7-Mode から ONTAP への LUN マッピングファイルを生成します。

    • CBT の場合は、 7MTT がインストールされている Linux ホストから次のコマンドを実行します。 +* transition cbt export lunmap -p project-name _-o _file_path*

      例:

      *transition cbt export lunmap -p SanWorkLoad-o c:\Libraires/Documents/7-C-lun-mapping.csv *

    • CFT の場合は、 7MTT がインストールされているシステムから次のコマンドを実行します。 +* transition cft export lunmap -p project-name _s_s_s_s_SVM_name_o_output-file*

      例:

      *transition cft export lunmap -p SanWorkLoad -s svm1 -o c : /Libraires /Documents/7-C-LUN マッピング -svm1.csv *

    このコマンドはそれぞれの Storage Virtual Machine ( SVM )に対して実行する必要があります。
  2. igroup とイニシエータのマッピングが存在することを確認します。

    7MTT は、 Data ONTAP 7-Mode で使用されていたイニシエータと同じ igroup を再作成し、 clustered Data ONTAP LUN をホストに再マッピングします。

  3. ゾーニングが新しい clustered Data ONTAP ターゲットに適していることを確認します。

  4. コピー・フリーの移行( CFT )を実行している場合は 'vol rehost を実行します

    を参照してください "『 7-Mode Transition Tool Copy-Free Transition Guide 』" vol rehost 手順については ' を参照してください