日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

の前に、 LVM デバイス上のファイルシステムを搭載した LUN のテストを行います コピーベースの移行のカットオーバーフェーズ

寄稿者 ntap-bmegan netapp-ivanad このページの PDF をダウンロード

7-Mode Transition Tool ( 7MTT ) 2.2 以降および Data ONTAP 8.3.2 以降を使用して Red Hat Enterprise Linux ( RHEL )ホストのコピーベースの移行を実行する場合は、カットオーバーフェーズの前に LVM デバイス上のファイルシステムを搭載した移行済みの clustered Data ONTAP LUN をテストすることができます。ソースホストでは、テスト中もソースの 7-Mode LUN への I/O を引き続き実行できます。

  • 新しい clustered Data ONTAP LUN をテスト用ホストにマッピングする必要があります。

  • LUN を移行できる状態にしておく必要があります。

テスト用ホストとソースホスト間のハードウェアパリティを維持し、テスト用ホストで以下の手順を実行する必要があります。

clustered Data ONTAP LUN は、テスト時には読み取り / 書き込みモードになります。テストが完了してカットオーバーフェーズの準備を行う段階で、読み取り専用モードに切り替わります。

テストモードでは、ボリュームグループを非アクティブ化またはエクスポートすることはありません。そのため、テスト用ホストに論理ボリュームをマウントすると、ファイルシステムエラーが表示される場合があります。

手順
  1. ベースラインデータコピーが完了したら、 7MTT ユーザインターフェイス( UI )で「 * Test Mode 」を選択します。

  2. 7MTT UI で、 * 構成の適用 * をクリックします。

  3. テスト用ホストで、新しい clustered Data ONTAP LUN を検出します。

    *rescan -scsi-bus.sh *

  4. 新しい clustered Data ONTAP LUN が検出されたことを確認します。

    「 * sanlun lun show * 」と表示されます

  5. clustered Data ONTAP LUN 用に DMMP デバイスを設定します。

    「 * マルチパス * 」

  6. clustered Data ONTAP LUN のデバイスハンドル ID を取得します。

    *multipath -ll *

    デバイスハンドル ID の例を次に示します。「 3600a09804d532d79565d47617679764d` 」

  7. LVM で使用されている DMMP デバイスを特定します。

    '*pvscan *'

    3600a09804d532d79565d476176797655 は、 LVM でされている DMMP デバイスの一例です。

  8. ボリュームグループを特定します。

    'vgscan'

  9. 論理ボリュームを特定します。

    '*lvscan *

  10. 論理ボリュームを有効にします: *vgchange-ay_volume_group_

  11. 論理ボリュームのステータスを確認します *lvdisplay

    出力の [LV Status]( ステータス ) 列に [Available]( 使用可能 ) と表示されます

  12. ソース・ホストの /etc/fstab ファイルに ' 論理ボリュームのマウント・ポイント・エントリーが存在するかどうかを確認します

    次の例では ' 論理ボリューム '/dev/mapper/vg_7MTT -lv1' が /etc/fstab ファイルに表示されています

    # /etc/fstab
    ...
    tmpfs   /dev/shm  tmpfs   defaults        0 0
    devpts  /dev/pts  devpts  gid=5, mode=620 0 0
    sysfs   /sys      sysfs   defaults        0 0
    proc    /proc     proc    defaults        0 0
    /dev/mapper/vg_7MTT-lv1 /7MTT  ext4  defaults 0	0
  13. ソース・ホスト上の /etc/fstab ファイルに論理ボリュームのマウント・ポイント・エントリーが存在する場合は ' テスト・ホスト上の /etc/fstab ファイルを手動で編集して ' マウント・ポイント・エントリーを追加します

  14. マウントポイントをマウントします。

    *mount-a *`

  15. マウントポイントがマウントされたことを確認します。

    'mount'

  16. 必要に応じてテストを実行します。

  17. テストが完了したら、ホストをシャットダウンします。

    *shutdown-h-t0 now *`

  18. 7MTT UI で、 * テストの終了 * をクリックします。

clustered Data ONTAP LUN をソースホストに再マッピングする場合は、ソースホストをカットオーバーフェーズ用に準備する必要があります。clustered Data ONTAP LUN をテスト用ホストにマッピングしたままにする場合、テスト用ホストでこれ以上の手順を実行する必要はありません。

  • 関連情報 *