日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Volume SnapMirror 関係を並行して移行する

寄稿者 netapp-ivanad ntap-bmegan このページの PDF をダウンロード

7-Mode SnapMirror 関係のプライマリボリュームとセカンダリボリュームを、同じカットオーバー期間内に並行して移行することができます。移行後に、 ONTAP クラスタで Volume SnapMirror 関係を手動で設定する必要があります。SnapLock Compliance ボリュームを移行する場合は、この方法を使用する必要があります。

  • プライマリクラスタとセカンダリクラスタ、および SVM をセットアップしておく必要があります。

  • Volume SnapMirror 関係を移行するときに SVM ピア関係を確立するには、次の条件が満たされている必要があります。

    • セカンダリクラスタに、プライマリ SVM と同じ名前の SVM が存在しない。

    • プライマリクラスタに、セカンダリ SVM と同じ名前の SVM が存在しない。

    • 移行準備に関する情報を確認しておく必要があります。

SnapLock Compliance ボリュームとの移行データ保護( TDP )関係では SnapMirror 再同期がサポートされないため、 SnapLock Compliance ボリューム間の 7-Mode SnapMirror 関係は並行して移行する必要があります。そのため、 SnapLock Compliance ボリュームを含む 7-Mode プライマリボリュームと ONTAP セカンダリボリュームの間には、 SnapMirror ディザスタリカバリ( DR )関係を確立できません。

  1. スタンドアロンボリュームの移行手順に従って、 SnapMirror 関係のセカンダリボリュームとプライマリボリュームを移行します。

    7-Mode のセカンダリボリュームを移行する前に、 7-Mode の SnapMirror 関係に対する手動の操作は必要ありません。これにより、 7-Mode のセカンダリボリュームは、読み取り専用ボリュームとして ONTAP に移行されます。

  2. 移行したプライマリボリュームとセカンダリボリュームを含む SVM 間にクラスタ間 SVM ピア関係を作成します。

  3. 移行したプライマリボリュームとセカンダリボリュームの間に Volume SnapMirror 関係を作成します。

  4. デスティネーションボリュームで、 SnapMirror 関係のソースボリュームとデスティネーションボリュームを再同期します。

    ソースボリュームとデスティネーションボリュームの間には、共通の Snapshot コピーが少なくとも 1 つ必要です。
  5. SnapMirror データ転送のステータスを監視します。

    再同期が完了するまでは、ソースボリュームとデスティネーションボリュームでボリューム移動や SnapMirror 解除などの処理を実行しないでください。再同期は途中で中断することなく完了させる必要があります。中断した場合、ボリュームが不整合状態になる可能性があります。
    • 関連情報 *