日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

スタンドアロンボリュームの移行

寄稿者 netapp-ivanad ntap-bmegan このページの PDF をダウンロード

スタンドアロンボリュームを移行するには、 SnapMirror 関係を作成し、ベースライン転送を実行し、差分更新を実行し、データコピー処理を監視し、 SnapMirror 関係を解除して、クライアントアクセスを 7-Mode ボリュームから clustered Data ONTAP ボリュームへ移動する必要があります。

  • クラスタと SVM のセットアップが完了している必要があります。

  • 移行準備に関する情報を確認しておく必要があります。

手順
  1. 7-Mode ボリュームから clustered Data ONTAP ボリュームへ、データをコピーします。

    1. 7-Mode システムと SVM の間の SnapMirror 関係に TCP ウィンドウサイズを設定する場合は、「 window-size-for-tdp-mirror 」オプションを使用して「 async-mirror 」タイプの SnapMirror ポリシーを作成します。

      その後、このポリシーを 7-Mode システムと SVM の間の TDP SnapMirror 関係に適用する必要があります。

      TCP ウィンドウサイズは 256KB~7MB の範囲で設定でき、 SnapMirror 転送のスループットを向上させて移行時のコピーにかかる時間を短縮できます。TCP ウィンドウサイズのデフォルト値は 2MB です。

      cluster1::> snapmirror policy create -vserver vs1 –policy tdp_policy -window-size-for-tdp-mirror 5MB -type async-mirror
    2. 7-Mode システムと SVM の間に SnapMirror 関係を作成するには、関係タイプを TDP に指定して「 snapmirror create 」コマンドを実行します。

      TCP ウィンドウサイズを設定するために SnapMirror ポリシーを作成した場合は、この SnapMirror 関係にそのポリシーを適用する必要があります。

    cluster1::> snapmirror create -source-path system7mode:dataVol20 -destination-path vs1:dst_vol -type TDP -policy tdp_policy
    Operation succeeded: snapmirror create the relationship with destination vs1:dst_vol.
    1. 「 snapmirror initialize 」コマンドを使用して、ベースライン転送を開始します。

      cluster1::> snapmirror initialize -destination-path vs1:dst_vol
      Operation is queued: snapmirror initialize of destination vs1:dst_vol.
    2. 「 snapmirror show 」コマンドを使用して、ステータスを監視します。

      cluster1::>snapmirror show -destination-path vs1:dst_vol
      
                                  Source Path: system7mode:dataVol20
                             Destination Path: vs1:dst_vol
                            Relationship Type: TDP
                      Relationship Group Type: none
                          SnapMirror Schedule: -
                       SnapMirror Policy Type: async-mirror
                            SnapMirror Policy: DPDefault
                                  Tries Limit: -
                            Throttle (KB/sec): unlimited
                                 **Mirror State: Snapmirrored**
                          Relationship Status: Idle
                      File Restore File Count: -
                       File Restore File List: -
                            Transfer Snapshot: -
                            Snapshot Progress: -
                               Total Progress: -
                    Network Compression Ratio: -
                          Snapshot Checkpoint: -
                              Newest Snapshot: vs1(4080431166)_dst_vol.1
                    Newest Snapshot Timestamp: 10/16 02:49:03
                            Exported Snapshot: vs1(4080431166)_dst_vol.1
                  Exported Snapshot Timestamp: 10/16 02:49:03
                                      Healthy: true
                             Unhealthy Reason: -
                     Constituent Relationship: false
                      Destination Volume Node: cluster1-01
                              Relationship ID: 97b205a1-54ff-11e4-9f30-005056a68289
                         Current Operation ID: -
                                Transfer Type: -
                               Transfer Error: -
                             Current Throttle: -
                    Current Transfer Priority: -
                           Last Transfer Type: initialize
                          Last Transfer Error: -
                           Last Transfer Size: 152KB
      Last Transfer Network Compression Ratio: 1:1
                       Last Transfer Duration: 0:0:6
                           Last Transfer From: system7mode:dataVol20
                  Last Transfer End Timestamp: 10/16 02:43:53
                        Progress Last Updated: -
                      Relationship Capability: 8.2 and above
                                     Lag Time: -
                 Number of Successful Updates: 0
                     Number of Failed Updates: 0
                 Number of Successful Resyncs: 0
                     Number of Failed Resyncs: 0
                  Number of Successful Breaks: 0
                      Number of Failed Breaks: 0
                         Total Transfer Bytes: 155648
               Total Transfer Time in Seconds: 6
    3. clustered Data ONTAP ボリュームを手動で更新するか、 SnapMirror スケジュールを設定して更新するかに応じて、該当する操作を実行します。

      状況 作業

      転送を手動で更新します

      1. 「 snapmirror update 」コマンドを使用します。

        cluster1::> snapmirror update -destination-path vs1:dst_vol
      2. 「 snapmirror show 」コマンドを使用して、データコピーのステータスを監視します。

        cluster1::> snapmirror show -destination-path vs1:dst_vol
                                    Source Path: system7mode:dataVol20
                               Destination Path: vs1:dst_vol
                              Relationship Type: TDP
                        Relationship Group Type: none
                            SnapMirror Schedule: -
                         SnapMirror Policy Type: async-mirror
                              SnapMirror Policy: DPDefault
                                    Tries Limit: -
                              Throttle (KB/sec): unlimited
                                   Mirror State: Snapmirrored
         ...
                       Number of Failed Updates: 0
                   Number of Successful Resyncs: 0
                       Number of Failed Resyncs: 0
                    Number of Successful Breaks: 0
                        Number of Failed Breaks: 0
                           Total Transfer Bytes: 278528
                 Total Transfer Time in Seconds: 11
      3. 手順 3 に進みます。

      スケジュールされた更新転送を実行します

      1. 更新転送のスケジュールを作成するには 'job schedule cron create コマンドを使用します

        cluster1::> job schedule cron create -name 15_minute_sched -minute 15
      2. 「 snapmirror modify 」コマンドを使用して、 SnapMirror 関係にスケジュールを適用します。

        cluster1::> snapmirror modify -destination-path vs1:dst_vol -schedule 15_minute_sched
      3. 「 snapmirror show 」コマンドを使用して、データコピーのステータスを監視します。

        cluster1::> snapmirror show -destination-path vs1:dst_vol
                                    Source Path: system7mode:dataVol20
                               Destination Path: vs1:dst_vol
                              Relationship Type: TDP
                        Relationship Group Type: none
                            SnapMirror Schedule: 15_minute_sched
                         SnapMirror Policy Type: async-mirror
                              SnapMirror Policy: DPDefault
                                    Tries Limit: -
                              Throttle (KB/sec): unlimited
                                   Mirror State: Snapmirrored
         ...
                       Number of Failed Updates: 0
                   Number of Successful Resyncs: 0
                       Number of Failed Resyncs: 0
                    Number of Successful Breaks: 0
                        Number of Failed Breaks: 0
                           Total Transfer Bytes: 278528
                 Total Transfer Time in Seconds: 11
  2. 差分転送のスケジュールを設定している場合は、カットオーバーの準備ができた時点で次の手順を実行します。

    1. 今後のすべての更新転送を無効にするには 'snapmirror quiesce コマンドを使用します

      cluster1::> snapmirror quiesce -destination-path vs1:dst_vol
    2. SnapMirror スケジュールを削除するには、「 snapmirror modify 」コマンドを使用します。

      cluster1::> snapmirror modify -destination-path vs1:dst_vol -schedule ""
    3. SnapMirror 転送を休止していた場合は、「 snapmirror resume 」コマンドを使用して SnapMirror 転送を有効にします。

      cluster1::> snapmirror resume -destination-path vs1:dst_vol
  3. 7-Mode ボリュームと clustered Data ONTAP ボリューム間で実行中の転送がある場合はその完了を待ってから、 7-Mode ボリュームからクライアントアクセスを切断してカットオーバーを開始します。

  4. 「 snapmirror update 」コマンドを使用して、 clustered Data ONTAP ボリュームに対する最終データ更新を実行します。

    cluster1::> snapmirror update -destination-path vs1:dst_vol
    Operation is queued: snapmirror update of destination vs1:dst_vol.
  5. 最後の転送が成功したかどうかを確認するには、「 snapmirror show 」コマンドを使用します。

  6. 「 snapmirror break 」コマンドを使用して、 7-Mode ボリュームと clustered Data ONTAP ボリュームの間の SnapMirror 関係を解除します。

    cluster1::> snapmirror break -destination-path vs1:dst_vol
    [Job 60] Job succeeded: SnapMirror Break Succeeded
  7. ボリュームに LUN が設定されている場合は、 advanced 権限レベルで、「 lun transition 7-mode show 」コマンドを使用して、 LUN が移行されたことを確認します。

    clustered Data ONTAP ボリュームで「 lun show 」コマンドを使用して、移行されたすべての LUN を表示することもできます。

  8. 「 snapmirror delete 」コマンドを使用して、 7-Mode ボリュームと clustered Data ONTAP ボリュームの間の SnapMirror 関係を削除します。

    cluster1::> snapmirror delete -destination-path vs1:dst_vol
  9. 「 snapmirror release 」コマンドを使用して、 7-Mode システムから SnapMirror 関係の情報を削除します。

    system7mode> snapmirror release dataVol20 vs1:dst_vol

7-Mode システムの必要なボリュームをすべて SVM に移行したら、 7-Mode システムと SVM の間の SVM ピア関係を削除する必要があります。

  • 関連情報 *