日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SnapMirror 関係の TCP ウィンドウサイズの設定

寄稿者 netapp-ivanad ntap-bmegan このページの PDF をダウンロード

7-Mode ボリュームと ONTAP ボリュームの間の SnapMirror 関係に TCP ウィンドウサイズを設定すると、 SnapMirror 転送のスループットを向上させてレプリケーション処理を高速化できます。

7-Mode ボリュームと ONTAP ボリューム( TDP )間の SnapMirror 関係に TCP ウィンドウ・サイズを設定する snapmirror policy コマンドには、 window-size-for-tdp-mirror オプションが用意されています。このオプションを使用すると、 TCP ウィンドウサイズを上下に設定できます。このオプションを設定する場合は、次の考慮事項に注意してください。

  • window-size-for-tdp-mirror オプションは 'async-mirror タイプのポリシーにのみ設定できます

  • window-size-for-tdp-mirror オプションは '256 KB' ~ 7 MB' の範囲で設定できますそうしないと、設定は失敗し

  • window-size-for-tdp-mirror オプションのデフォルト値は「 2 MB 」です。

window-size-for-tdp-mirror オプションは非表示で、 tab complete は機能しません。使用するフルオプションを入力してください。

次に、 TDP タイプの SnapMirror 関係に対して TCP ウィンドウ・サイズを「 5 MB 」に設定する例を示します。

手順
  1. TCP ウィンドウサイズが「 5 MB 」の「 async 」タイプの SnapMirror ポリシーを作成します。

    '*snapmirror policy create *

    cluster01::> snapmirror policy create -vserver vserverA –policy tdp_window_size_policy -window-size-for-tdp-mirror 5MB -type async-mirror
  2. 「 TDP 」タイプの SnapMirror 関係を作成し、このポリシーを適用します。

    「 * snapmirror create * 」

    cluster01::> snapmirror create -source-path filerA:volA -destination-path vserverA:volA -type TDP -policy tdp_window_size_policy
  3. SnapMirror ポリシーに設定されているウィンドウサイズを表示します。

    「 * snapmirror policy show * 」と入力します

    cluster01::> snapmirror policy show -vserver vserverA -policy tdp_window_size_policy -fields window-size-for-tdp-mirror