日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

CIFS ローカルユーザおよびローカルグループの移行に関する考慮事項

寄稿者 netapp-ivanad ntap-bmegan このページの PDF をダウンロード

CIFS ローカルユーザおよびローカルグループをマイグレートする場合の、移行処理の実行に関する考慮事項を理解しておく必要があります。

  • ローカルユーザとローカルグループを使用する 7-Mode コントローラまたは vFiler ユニットから、 BUILTIN ではない CIFS ローカルユーザおよびローカルグループを使用する SVM に、 CIFS データを提供するボリュームを移行することはできません。

    移行では、 SVM が BUILTIN CIFS ローカルユーザおよびローカルグループのみを使用している必要があります。

  • 7-Mode のローカルユーザとローカルグループの数が、 ONTAP のローカルユーザとローカルグループの最大数を超えないようにする必要があります。

    7-Mode のローカルユーザとローカルグループの数が ONTAP で定義された最大数を超えている場合は、テクニカルサポートにお問い合わせください。

  • パスワードが指定されていない、あるいは 14 文字を超えるパスワードが指定されている 7-Mode システムのローカルユーザアカウントは、「 * cifsUser@1 」というパスワードで ONTAP ソフトウェアに移行されます。

    移行完了後、 Windows システムからパスワード「 * cifsUser@1 * 」を使用してこれらのユーザにアクセスします。その後、 SVM で次のコマンドを使用して、この CIFS ローカルユーザのパスワードを手動で変更する必要があります。

    「 * cifs users-and-groups local-user set-password - vserver_svm_name _ -user-name_user_name _ * 」に設定します。

  • 7-Mode Transition Tool の IP アドレスにターゲットの ONTAP ソフトウェアから到達できない場合、事前確認フェーズの ONTAP ソフトウェアへの CIFS ローカルユーザおよびグループの移行が 7-Mode Transition Tool によってブロックされます。事前確認フェーズでこのエラーが発生した場合は、を使用します

    * network ping -node local-destination_ip_address _*

    7-Mode Transition Tool の IP アドレスがターゲットの ONTAP ソフトウェアから到達可能であることを確認するコマンド。7-Mode Transition Tool の IP アドレスなど、 7-Mode Transition Tool で使用する設定オプションを変更するには、「 \etc\conf\transition-tool.conf 」ファイルを編集します。

  • ローカルユーザとローカルグループの移行先の SVM にはデータ LIF が必要です。

  • ローカルグループの複数のメンバーのシステム識別子( SID )が 7-Mode システムの単一のドメインユーザまたはグループにマッピングされている場合、事前確認フェーズでローカルユーザとローカルグループが ONTAP に移行されるのは 7-Mode Transition Tool でブロックされます。

    事前確認フェーズでこのエラーが発生した場合は、 7-Mode システム上の単一のドメインユーザまたはグループにマッピングされている余分な SID を手動で削除する必要があります。その後、ドメインユーザまたはグループに 1 つの SID のみがマッピングされた状態で事前確認処理を再実行する必要があります。

  • 関連情報 *