日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

無視できるエラーが発生した場合の移行の続行

寄稿者 netapp-ivanad ntap-bmegan このページの PDF をダウンロード

移行を中断するエラーが移行時に発生する場合があります。7-Mode Transition Tool CLI で問題を承認することで、これらのエラーの一部は無視できます。移行を続行するには、エラーを無視したあとに、中断した処理を再実行する必要があります。

エラーを承認する場合は、エラーの影響を把握したうえで承認する必要があります。

エラーを無視したあとで、移行処理を再実行する必要があります。一部のケースでは、 Data ONTAP の確認後に、影響を受けるアグリゲートやボリュームに対して、処理の次回実行時に問題によって対処策が実行されます。

手順
  1. 無視できるエラーが移行処理で発生した場合は、 7-Mode Transition Tool CLI から次のコマンドを実行します。

    transition cft ignorableerrors add -p project_name --c_ignorable_errorcategor`

    ignorable_errorcategory 」は、無視できるエラーの種類です。

  2. 移行処理を再実行します。

    エラーが警告に変わり、エラーが「 acknowledged 」と表示されます。警告が表示されても移行は続行できます。