日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

7-Mode Transition Tool を使用したコピーフリーの移行

寄稿者 netapp-ivanad ntap-bmegan このページの PDF をダウンロード

7-Mode Transition Tool では、インベントリを収集し、 7-Mode のコントローラ、ホスト、スイッチ、およびアプリケーションを移行対象として評価することができます。評価が完了したら、コピーフリーの移行を使用してデータと構成を ONTAP に移行できます。Copy-Free Transition では、すべてのディスクシェルフを 7-Mode HA ペアから切断して、ターゲットクラスタの HA ペアに接続します。

コピーフリーの移行は、 7-Mode ディスクシェルフの再利用を可能にすることで、マイグレーションコストを大幅に削減します。データコピーが不要なため、移行の全体的な実行時間が短縮されます。

Copy-Free Transition は HA ペア単位で実行します。すべてのディスクシェルフを 7-Mode HA ペアからターゲットクラスタノードに移動する必要があります。

7-Mode のアグリゲートとボリュームのメタデータは、 7-Mode Transition Tool によって ONTAP 形式に変換されます。この変換にかかる時間は、アグリゲートとボリュームのサイズに左右されません。たとえば、 10GB のアグリゲートを ONTAP 形式に変換する場合の所要時間は、 100TB のアグリゲートの変換にかかる時間と同じです。

コピーフリーの移行ではデータアクセスが中断されます。ただし、データコピーが不要なため、データ移行の実行にかかる合計時間は短縮されます。

次の図は、 7-Mode HA ペアから 2 ノードクラスタへのコピーフリーの移行の実行前と実行後を示しています。

CFT の概要

7-Mode Transition Tool は Windows システムで動作し、 Web インターフェイスを使用して移行処理を管理できます。

ONTAP システム、ホスト、スイッチ、およびアプリケーションの収集と評価

7-Mode Transition Tool を使用して、次の収集および評価タスクを実行できます。

  • ONTAP システム( 7-Mode コントローラおよびクラスタ内のノード)、ホスト、スイッチ、およびホストアプリケーションからインベントリ情報を収集する。

  • FC ゾーン計画を生成して、 SAN FC を移行するためのゾーンを設定する。

  • 7-Mode システムの機能を評価し、移行先として選択した ONTAP バージョンでそれらの機能がどのように動作するかを確認する。

7-Mode から ONTAP へのデータと構成の移動

コピーフリーの移行は、 7-Mode ディスクシェルフを再利用して、 7-Mode のデータを 7-Mode から ONTAP にコピーします。コピーフリーのマイグレーションでは、 7-Mode Transition Tool を使用して次のタスクを実行できます。

  • 7-Mode コントローラまたは vFiler ユニットをターゲット SVM にマッピングし、ネームスペースを設計して、移行を計画する。

  • 事前確認を実行して、移行する 7-Mode システムとターゲットクラスタノードの互換性を検証する。

  • 次のいずれかの方法で 7-Mode ディスクシェルフをインポートする。

    • 7-Mode HA ペアから新しい HA ペアへ 新しいクラスタ

    • 7-Mode HA ペアから新しい HA ペアへ 既存のクラスタに他にデータを提供しているノードがある場合

    • 7-Mode HA ペアからその HA ペアへ データアグリゲートを提供している既存のクラスタにデータアグリゲートがあります データ

    • ボリュームに含まれているボリュームを含む HA ペアから作成する 新規またはの HA ペアへの SnapMirror 関係 既存のクラスタ

      移行後にクラスタピア関係を手動で作成する必要があります。ただし、ベースラインの再転送は不要で、移行後も SnapMirror 関係を維持できます。

  • 7-Mode 構成を SVM に移行する。

    コピーフリーの移行では、 NAS および SAN の構成の移行がサポートされます。

  • ONTAP への移行が失敗した場合に、ストレージと構成を 7-Mode にロールバックする。

    7-Mode へのロールバックに必要な手順がツールに表示されるので、これらのロールバック手順を 7-Mode システムおよびクラスタに対して手動で実行する必要があります。