日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

32 ビットボリュームと Snapshot コピーの検出と削除

寄稿者 netapp-ivanad ntap-bmegan このページの PDF をダウンロード

すべてのアグリゲートを 64 ビット形式に拡張した場合でも、 32 ビット形式または混在形式の FlexVol ボリュームや Snapshot コピーが残っている可能性があります。Data ONTAP 8.3 以降を実行するクラスタからデータにアクセスするには、このようなボリュームや Snapshot コピーを削除する必要があります。

  • システム上のすべての 32 ビットアグリゲートを 64 ビット形式に拡張しておく必要があります。

このタスクの手順は、 32 ビットボリュームと Snapshot コピーを含むアグリゲートごとに繰り返す必要があります。

手順
  1. advanced モードに切り替えます。

    「 * priv set advanced * 」と入力します

  2. アグリゲート内のすべてのボリュームの形式を表示します。

    aggr 64bit-upgrade status_aggr_name — all

    アグリゲート内の各ボリュームとその形式が表示されます。

  3. 32 ビット形式または混在形式のボリュームごとに、ボリュームが 64 ビット形式に拡張されていない理由を確認し、適切な操作を実行します。

    ボリュームが拡張されなかった理由を特定できない場合は、アグリゲートの拡張を再試行します。

    ボリュームの状況 作業

    は、 SnapMirror 関係のデスティネーションです

    ソースボリュームを含むアグリゲートを 64 ビット形式に拡張します。

    読み取り専用ボリューム(ただし SnapMirror デスティネーションではない)

    ボリュームを書き込み可能にして拡張を再試行するか、ボリュームを削除します。

    に十分な空きスペースがないため、拡張されませんでした ボリュームまたはアグリゲート

    ボリュームまたはアグリゲートの空きスペースを増やして拡張を再試行します。

    これでアグリゲート内の 32 ビットボリュームと混在形式のボリュームがすべて 64 ビットになります。これは、前の手順を繰り返して確認できます。

  4. システム上のすべての Snapshot コピーの形式を表示します。

    snap list -fs-block-format

  5. 「 snap delete 」コマンドを使用して 32 ビット Snapshot コピーを削除します。

    この操作では、 Snapshot コピー内のデータが削除されます。削除しようとしている Snapshot コピーを残しておく必要がないことを必ず確認してください。また、 32 ビット Snapshot コピーが期限切れになるまで待つこともできます。この処理にかかる時間は、 Snapshot コピーのスケジュールによって異なります。

    FlexClone ボリュームのベースの Snapshot コピーである Snapshot コピーを削除する場合は、 FlexClone ボリュームをその親からスプリットしておく必要があります。

    32 ビット Snapshot コピーがすべて削除されます。これは、前の手順を繰り返して確認できます。

  6. admin 権限レベルに戻ります。

    priv set admin