日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

完了後に clustered Data ONTAP セカンダリボリュームにクライアントをリダイレクトします 災害が発生した場合

寄稿者 netapp-ivanad ntap-bmegan このページの PDF をダウンロード

7-Mode のプライマリボリュームと clustered Data ONTAP のセカンダリボリュームの間に SnapMirror ディザスタリカバリ( DR )関係を確立している場合、 7-Mode のプライマリサイトで災害が発生したら、クライアントアクセスを clustered Data ONTAP のセカンダリボリュームにリダイレクトする必要があります。

手順
  1. セカンダリクラスタから「 snapmirror break 」コマンドを使用して、 7-Mode のプライマリボリュームと clustered Data ONTAP のセカンダリボリュームの間の SnapMirror 関係を解除します。

    sec_cluster::> snapmirror break -destination-path dst_vserver:dst_c_vol
  2. セカンダリクラスタからは、「 snapmirror delete 」コマンドを使用して、 7-Mode のプライマリボリュームと clustered Data ONTAP のセカンダリボリュームの間の SnapMirror 関係を削除します。

    sec_cluster::> snapmirror delete -destination-path dst_vserver:dst_c_vol
  3. クライアントアクセスを clustered Data ONTAP のセカンダリボリュームにリダイレクトします。

    clustered Data ONTAP でのクライアントアクセス設定の詳細については、を参照してください "『 clustered Data ONTAP ファイルアクセスおよびプロトコル管理ガイド』"