日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

DMMP エイリアス名を使用するマウントポイントを含む LUN をに再マウントしています 移行後の Linux ホスト

寄稿者 netapp-barbe netapp-ivanad ntap-bmegan このページの PDF をダウンロード

ONTAP 7-Mode から clustered Data ONTAP に移行したら、マウントポイントを含む LUN を再マウントする必要があります。7-Mode ボリュームはオフラインになっており、 7-Mode LUN からホストにアクセスできません。

コピー・フリーの移行( CFT )を実行している場合は 'vol rehost の手順を完了する必要があります

を参照してください "『 7-Mode Transition Tool Copy-Free Transition Guide 』" を参照してください。

  • コピーベースの移行( CBT )の場合は、 7MTT でストレージカットオーバー処理を完了したあとに以下の手順を実行します。

  • CFT の場合は、 7MTT でデータと設定のインポート処理のあとに以下の手順を実行します。

    1. 7-Mode から ONTAP への LUN マッピングファイルを生成します。

      • コピーベースの移行の場合は、 7MTT がインストールされている Linux ホストから次のコマンドを実行します。 +* transition cbt export lunmap -p project-name _-o file_path*

        例:

        *transition cbt export lunmap -p SanWorkLoad-o c:\Libraires/Documents/7-C-lun-mapping.csv *

      • コピーフリーの移行の場合は、 7MTT がインストールされているシステムから次のコマンドを実行します。 +* transition cft export lunmap -p project-name _s_s_s_s_SVM_name_o_output-file

        例:

        *transition cft export lunmap -p SanWorkLoad -s svml-0 c:/mLibraries /Documents/7-C-LUN-mapping - svml.csv *

      このコマンドはそれぞれの Storage Virtual Machine ( SVM )に対して実行する必要があります。
    2. LUN マッピングファイル内の ONTAP デバイスハンドル ID をメモします。

    3. 7-Mode LUN 用に作成された SCSI デバイスを削除します。

      • すべての SCSI デバイスを削除するには、 +*rescan-scsi-bus.sh -r * を実行します

      • 各 SCSI デバイスを個別に削除するには、 +*echo 1>/sys/block/SCSI_ID/delete_ を実行します

        このコマンドは、 7-Mode LUN のすべての SCSI デバイスに対して実行する必要があります。LUN の SCSI デバイス ID を特定するには、 _Inventory Assessment Workbook の SAN Host LUNs タブにある SCSI Device ID の列を参照してください。

    4. 新しい ONTAP LUN を検出します。

      *rescan -scsi-bus.sh *

    5. ONTAP LUN が検出されたことを確認します。

      「 * sanlun lun show * 」と表示されます

      ONTAP LUN の SCSI デバイスは、「デバイス名」列に表示されます。

      SCSI デバイス名の例は '/dev/sdp' です

    6. 「 /etc/multipath.conf 」ファイルで、「 alias 名」が clustered Data ONTAP LUN ID を指すように、 7-Mode デバイスハンドル ID を clustered Data ONTAP LUN のデバイスハンドル ID に置き換えます。

      multipaths セクションを以下のように更新します。次の例は、 7-Mode LUN ID を置き換える前の「 /etc/multipath.conf ファイル」を示しています。この例では、 LUN ID 「 360a9800037534562572b453855496b43 」は「 mmp_fs_lun 」のエイリアス名を指しています。

      multipaths {
              multipath {
                   wwid	360a9800037534562572b453855496b43
                   alias		dmmp_fs_lun
          }
      }

      7-Mode LUN ID を ONTAP LUN ID 「 360a9800037534562572b453855496b43` に置き換えたあと、次のようになります。

      multipaths {
              multipath {
                   wwid	3600a098051764937303f4479515a7452
                   alias		dmmp_fs_lun
          }
      }
    7. ONTAP LUN 用に DMMP デバイスを設定します。

      「 * マルチパス * 」

    8. DMMP エイリアスが ONTAP LUN デバイスハンドル ID を指していることを確認します。

      'multipath -ll DEVICE_HANDLE _ID' と入力します

    9. ONTAP LUN をマウントポイントディレクトリにマウントします。

      *mount /dev/mapper/ alias_namemount_dir_namename__ *

    マウントポイントが /etc/fstab ファイルに定義されている場合は、 mount -a コマンドを使用して LUN をマウントします。

    1. DMMP デバイスがマウントされたことを確認します。

      mount