日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

セカンダリボリュームを移行する

寄稿者 netapp-ivanad ntap-bmegan このページの PDF をダウンロード

セカンダリボリュームを移行するには、 SnapMirror 関係を作成し、ベースライン転送と増分更新を実行し、 7-Mode のプライマリボリュームと clustered Data ONTAP のセカンダリボリュームの間に SnapMirror 関係を設定する必要があります。

セカンダリクラスタと Storage Virtual Machine ( SVM )のセットアップが完了している必要があります。

手順
  1. 7-Mode ボリュームから clustered Data ONTAP ボリュームへ、データをコピーします。

    1. 7-Mode システムと SVM の間に SnapMirror 関係を作成するには、関係タイプを TDP に指定して「 snapmirror create 」コマンドを実行します。

      sec_cluster::> snapmirror create -source-path sec_system:dst_7_vol -destination-path dst_vserver:dst_c_vol -type TDP
      Operation succeeded: snapmirror create the relationship with destination dst_vserver:dst_c_vol.
    2. 「 snapmirror initialize 」コマンドを使用して、ベースライン転送を開始します。

      sec_cluster::> snapmirror initialize -destination-path dst_vserver:dst_c_vol
      Operation is queued: snapmirror initialize of destination dst_vserver:dst_c_vol.
    3. clustered Data ONTAP ボリュームを手動で更新するか、 SnapMirror スケジュールを設定して更新するかに応じて、該当する操作を実行します。

      状況 作業

      転送を手動で更新します

      1. 「 snapmirror update 」コマンドを使用します。

        sec_cluster::> snapmirror update -destination-path dst_vserver:dst_c_vol
      2. 「 snapmirror show 」コマンドを使用して、データコピーのステータスを監視します。

        sec_cluster::> snapmirror show -destination-path dst_vserver:dst_c_vol
                                    Source Path: sec_system:dst_7_vol
                               Destination Path: dst_vserver:dst_c_vol
                              Relationship Type: TDP
                        Relationship Group Type: none
                            SnapMirror Schedule: -
                         SnapMirror Policy Type: async-mirror
                              SnapMirror Policy: DPDefault
                                    Tries Limit: -
                              Throttle (KB/sec): unlimited
                                   Mirror State: Snapmirrored
         ...
                   Number of Successful Updates: 1
                       Number of Failed Updates: 0
                   Number of Successful Resyncs: 0
                       Number of Failed Resyncs: 0
                    Number of Successful Breaks: 0
                        Number of Failed Breaks: 0
                           Total Transfer Bytes: 278528
                 Total Transfer Time in Seconds: 11
      3. 手順 3 に進みます。

      スケジュールされた更新転送を実行します

      1. 更新転送のスケジュールを作成するには 'job schedule cron create コマンドを使用します

        sec_cluster::> job schedule cron create -name 15_minute_sched -minute 15
      2. 「 snapmirror modify 」コマンドを使用して、 SnapMirror 関係にスケジュールを適用します。

        sec_cluster::> snapmirror modify -destination-path dst_vserver:dst_c_vol -schedule 15_minute_sched
      3. 「 snapmirror show 」コマンドを使用して、データコピーのステータスを監視します。

        sec_cluster::> snapmirror show -destination-path dst_vserver:dst_c_vol
                                    Source Path: sec_system:dst_7_vol
                               Destination Path: dst_vserver:dst_c_vol
                              Relationship Type: TDP
                        Relationship Group Type: none
                            SnapMirror Schedule: 15_minute_sched
                         SnapMirror Policy Type: async-mirror
                              SnapMirror Policy: DPDefault
                                    Tries Limit: -
                              Throttle (KB/sec): unlimited
                                   Mirror State: Snapmirrored
         ...
                   Number of Successful Updates: 1
                       Number of Failed Updates: 0
                   Number of Successful Resyncs: 0
                       Number of Failed Resyncs: 0
                    Number of Successful Breaks: 0
                        Number of Failed Breaks: 0
                           Total Transfer Bytes: 278528
                 Total Transfer Time in Seconds: 11
  2. 差分転送のスケジュールを設定している場合は、カットオーバーの準備ができた時点で次の手順を実行します。

    1. 今後のすべての更新転送を無効にするには 'snapmirror quiesce コマンドを使用します

      sec_cluster::> snapmirror quiesce -destination-path dst_vserver:dst_vol
    2. SnapMirror スケジュールを削除するには、「 snapmirror modify 」コマンドを使用します。

      sec_cluster::> snapmirror modify -destination-path dst_vserver:dst_vol -schedule ""
    3. SnapMirror 転送を休止していた場合は、「 snapmirror resume 」コマンドを使用して SnapMirror 転送を有効にします。

      sec_cluster::> snapmirror resume -destination-path dst_vserver:dst_vol
  3. 7-Mode ボリュームと clustered Data ONTAP ボリューム間で実行中の転送がある場合はその完了を待ってから、 7-Mode ボリュームからクライアントアクセスを切断してカットオーバーを開始します。

  4. 「 snapmirror update 」コマンドを使用して、 clustered Data ONTAP ボリュームに対する最終データ更新を実行します。

    sec_cluster::> snapmirror update -destination-path dst_vserver:dst_vol
    Operation is queued: snapmirror update of destination dst_vserver:dst_vol.
  5. 最後の転送が成功したかどうかを確認するには、「 snapmirror show 」コマンドを使用します。

  6. 「 snapmirror break 」コマンドを使用して、 7-Mode のセカンダリボリュームと clustered Data ONTAP のセカンダリボリュームの間の SnapMirror 関係を解除します。

    sec_cluster::> snapmirror break -destination-path dst_vserver:dst_vol
    [Job 60] Job succeeded: SnapMirror Break Succeeded
  7. ボリュームに LUN が設定されている場合は、 advanced 権限レベルで、「 lun transition 7-mode show 」コマンドを使用して、 LUN が移行されたことを確認します。

    clustered Data ONTAP ボリュームで「 lun show 」コマンドを使用して、移行されたすべての LUN を表示することもできます。

  8. 「 snapmirror delete 」コマンドを使用して、 7-Mode のセカンダリボリュームと clustered Data ONTAP のセカンダリボリュームの間の SnapMirror 関係を削除します。

    sec_cluster::> snapmirror delete -destination-path dst_vserver:dst_vol
  9. 「 snapmirror release 」コマンドを使用して、 7-Mode システムから SnapMirror 関係の情報を削除します。

    system7mode> snapmirror release dataVol20 vs1:dst_vol
  10. 7-Mode プライマリボリュームと clustered Data ONTAP セカンダリボリュームの間にディザスタリカバリ関係を確立します。

    1. vserver peer transition create コマンドを使用して、 7-Mode のプライマリボリュームと clustered Data ONTAP のセカンダリボリュームの間に SVM ピア関係を作成します。

      sec_cluster::> vserver peer transition create -local-vserver dst_vserver -src-filer-name src_system
      Transition peering created
    2. 「 job schedule cron create 」コマンドを使用して、 7-Mode の SnapMirror 関係用に設定されているスケジュールと一致するジョブスケジュールを作成します。

      sec_cluster::> job schedule cron create -name 15_minute_sched -minute 15
    3. 「 snapmirror create 」コマンドを使用して、 7-Mode のプライマリボリュームと clustered Data ONTAP のセカンダリボリュームの間に SnapMirror 関係を作成します。

      sec_cluster::> snapmirror create -source-path src_system:src_7_vol -destination-path dst_vserver:dst_c_vol -type TDP -schedule 15_minute_sched
      Operation succeeded: snapmirror create the relationship with destination dst_vserver:dst_c_vol.
    4. 「 snapmirror resync 」コマンドを使用して、 clustered Data ONTAP のセカンダリ・ボリュームを再同期します。

      再同期が成功するためには、 7-Mode のプライマリボリュームと clustered Data ONTAP のセカンダリボリュームに共通の 7-Mode Snapshot コピーが存在する必要があります。

    sec_cluster::> snapmirror  resync -destination-path dst_vserver:dst_c_vol

    +

    • ターゲットクラスタで Data ONTAP 8.3.2 以降が実行されている場合は、必要な igroup を作成し、 LUN を手動でマッピングする必要があります。

    • ターゲットクラスタで Data ONTAP 8.3.1 以前が実行されている場合は、プライマリボリュームのストレージカットオーバーが完了したあとに、セカンダリ LUN を手動でマッピングする必要があります。

    • 7-Mode システムの必要なボリュームをすべて SVM に移行したら、セカンダリ 7-Mode システムとセカンダリ SVM の間の SVM ピア関係を削除する必要があります。

    • 7-Mode プライマリシステムと 7-Mode セカンダリシステムの間の SnapMirror 関係を削除する必要があります。

      • 関連情報 *