日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

カットオーバーフェーズ前の Windows ホスト上の移行した LUN のテスト

寄稿者 netapp-ivanad ntap-bmegan このページの PDF をダウンロード

7-Mode Transition Tool ( 7MTT ) 2.2 以降および Data ONTAP 8.3.2 以降を使用して Windows ホスト LUN を移行する場合は、 移行した clustered Data ONTAP LUN をテストして、カットオーバーフェーズの前にディスクをオンラインにできること、およびアプリケーションが想定どおりに動作することを確認できます。ソースホストでは、テスト中もソースの 7-Mode LUN への I/O を引き続き実行できます。

7-Mode LUN を移行できる状態にしておく必要があります。

テスト用ホストとソースホスト間のハードウェアパリティを維持し、テスト用ホストで以下の手順を実行する必要があります。

clustered Data ONTAP LUN は、テスト時には読み取り / 書き込みモードになります。テストが完了してカットオーバーフェーズの準備を行う段階で、読み取り専用モードに切り替わります。

手順
  1. ベースラインデータコピーが完了したら、 7MTT ユーザインターフェイス( UI )で「 * Test Mode 」を選択します。

  2. 7MTT UI で、 * 構成の適用 * をクリックします。

  3. 7-Mode から clustered Data ONTAP への LUN マッピングファイルを生成します。

    • コピーベースの移行の場合は、 7MTT がインストールされているホストから次のコマンドを実行します。 +* transition cbt export lunmap -p project-name _-o file_path*

      例:

      *transition cbt export lunmap -p SanWorkLoad-o c:\Libraires/Documents/7-C-lun-mapping.csv *

    • コピーフリーの移行の場合は、 7MTT がインストールされているシステムから次のコマンドを実行します。 +* transition cft export lunmap -p project-name _s_s_s_s_SVM_name_o_output-file

      このコマンドはそれぞれの Storage Virtual Machine ( SVM )に対して実行する必要があります。

      例:

    *transition cft export lunmap -p SANWorkLoad -s svml -o c : /Libraries/Documents/7-C-lun-mapping-svml.csv *

  4. 移行したディスクとアプリケーションをオンラインにします。

    • 移行したディスクがクラスタフェイルオーバーの対象でない場合は、 Windows ディスクマネージャを使用してディスクをオンラインにします。

    • 移行したディスクがクラスタフェイルオーバーの対象である場合は、クラスタフェイルオーバーマネージャを使用してディスクをオンラインにします。

  5. 必要に応じてテストを実行します。

  6. テストが完了したら、アプリケーションとディスクをオフラインにします。

    • 移行したディスクがクラスタフェイルオーバーの対象でない場合は、 Windows ディスクマネージャを使用してディスクをオフラインにします。

    • 移行したディスクがクラスタフェイルオーバーの対象である場合は、クラスタフェイルオーバーマネージャを使用してディスクをオフラインにします。

clustered Data ONTAP LUN をソースホストに再マッピングする場合は、ソースホストをカットオーバーフェーズ用に準備する必要があります。clustered Data ONTAP LUN をテスト用ホストにマッピングしたままにする場合、テスト用ホストでこれ以上の手順を実行する必要はありません。