日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

インベントリレポート XML をインポートして評価レポートを作成する

寄稿者 netapp-ivanad ntap-bmegan このページの PDF をダウンロード

Inventory Collect Tool で作成されたインベントリ XML レポートをインポートして、ホストとコントローラの機能を評価できます。その後、評価レポートを作成して、移行先として選択した ONTAP バージョンでそれらのホストとコントローラがどのように動作するかを確認できます。

  • Inventory Collect Tool を実行し、インベントリレポート XML ファイルを生成しておく必要があります。

    ホストとコントローラをコピーベースの移行の対象として評価するには、 Inventory Collect Tool 3.3 を使用してインベントリを収集する必要があります。
  • 移行のための環境評価を実行できるように、 7-Mode システムとホストを準備しておきます。

インベントリレポートをインポートして移行のための環境評価を実行する際に、評価対象のシステムにアクセスできる必要はありません。

手順
  1. 7-Mode Transition Tool にログインし、ホームページで * Collect and Assess * をクリックします。

  2. [ インベントリレポート XML のインポート ] をクリックします。

  3. [Browse] をクリックし、 Inventory Collect Tool で生成された XML レポートを選択します。

  4. [* インポート * ] をクリックします。

    システムの評価ステータスには ' Imported ; Ready" と表示されます

  5. 移行のための環境評価を実行するシステムを選択します。

  6. Create Transition Assessment Report (移行評価レポートの作成) * をクリックします。

  7. Create Transition Assessment Report ダイアログボックスで、ターゲットクラスタの Data ONTAP バージョンを選択します。

  8. レポートのファイル名に付けるプレフィックスを指定します。

  9. [ レポートの生成( Generate Report ) ] をクリックする。

    AssessmentWorkbook レポートと AssessmentExecutiveSummary レポートが XML 形式で作成されます。

  10. AssessmentWorkbook レポートを Microsoft Excel で表示し、 AssessmentExecutiveSummary レポートを Microsoft Office 2007 以降のバージョンで表示します。

    AssessmentWorkbook レポートを Microsoft Excel で表示する際に、 Excel でマクロを有効にしなければならない場合があります。

    • 関連情報 *