日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

移行したボリュームを別の SVM にリホストする

寄稿者 netapp-ivanad ntap-bmegan このページの PDF をダウンロード

ボリュームをリホストすると、データをコピーすることなく、移行したボリュームをある SVM から別の SVM に移行できます。リホスト処理では FC LUN を含むすべてのボリュームを 1 つの SVM に統合できるため、 7-Mode の Single-System Image ( SSI ;シングルシステムイメージ)のセマンティクスを保持できます。移行した NAS ボリュームをリホストすることもできます。

  • リホストするボリュームはオンラインである必要があります。

  • ボリュームの移動や LUN の移動など、ボリューム管理操作を実行しないでください。

  • リホストするボリュームへのデータアクセスを停止する必要があります。

    リホストはシステム停止を伴う処理です。

次のボリュームポリシー、ポリシールール、および構成はソースボリュームから失われるため、リホスト処理の完了後に、リホストしたボリュームで手動で再設定する必要があります。

  • ボリュームと qtree のエクスポートポリシー

  • ウィルス対策ポリシー

  • ボリューム効率化ポリシー

  • Quality of Service ( QoS ;サービス品質)ポリシー

  • Snapshot ポリシー

  • クォータルール

  • CIFS 共有

  • ポートセットに関連付けられている igroup

手順
  • * FC ボリュームと iSCSI ボリュームのリホスティング *

    1. advanced 権限レベルに切り替えます: +*set -privilege advanced *

    2. デスティネーション SVM でボリュームをリホストします。

      状況 実行するコマンド

      リホスト後に LUN のマッピングを解除する

      「 * volume rehost -vserver source_svm _ -volume_name-destination -vserver destination_SVM-force – unmap-luns true * 」という名前のボリュームをリホストします

      リホスト後に LUN を同じ igroup に再マッピングします

      「 * volume rehost -vserver _source_svm _ -volume_vol_name -destination-vserver _destination_svm auto-remap-luns true * 」のように指定します

  • * NFS ボリュームのリホスティング *

    1. NFS エクスポートポリシーに関する情報を記録します。

    2. 親ボリュームからボリュームをアンマウントします :+* volume unmount *

    3. advanced 権限レベルに切り替えます:「 * set -privilege advanced * 」

    4. デスティネーション SVM でボリュームをリホストします。 +* volume rehost -vserver source_SVM-volume vol_name -destination-vserver _destination_svm *

      デスティネーション SVM のデフォルトのエクスポートポリシーがリホストしたボリュームに適用されます。

    5. エクスポートポリシーを作成します。 +* vserver export-policy create *

    6. リホストしたボリュームのエクスポートポリシーをユーザ定義のエクスポートポリシーに更新します。 +volume modify

    7. デスティネーション SVM の適切なジャンクションパスにボリュームをマウントします。 +* volume mount *

    8. デスティネーション SVM で NFS サービスが実行されていることを確認します。 +* vserver nfs status*

    9. リホストしたボリュームへの NFS アクセスを再開します。

      ボリュームのアクセスパス( LIF とジャンクションパス)は変更されているため、 NFS クライアントのクレデンシャルと LIF の構成を更新してデスティネーション SVM の LIF を反映させる必要があります。

  • * CIFS ボリュームのリホスティング *

    1. CIFS 共有に関する情報を記録します。

    2. 親ボリュームからボリュームをアンマウントします :+* volume unmount *

    3. advanced 権限レベルに切り替えます: +*set -privilege advanced *

    4. デスティネーション SVM でボリュームをリホストします。 +* volume rehost -vserver source_SVM-volume vol_name -destination-vserver _destination_svm *

    5. デスティネーション SVM の適切なジャンクションパスにボリュームをマウントします。 +* volume mount *

    6. リホストしたボリューム用の CIFS 共有を作成します。 +* vserver cifs share create *

    7. ソースとデスティネーションの SVM で DNS ドメインが異なる場合は、新しいユーザとグループを作成します。

    8. 新しいデスティネーション SVM の LIF とリホストしたボリュームへのジャンクションパスで、 CIFS クライアントを更新します。

  • * SnapMirror 関係におけるボリュームのリホスト *

    1. SnapMirror 関係のタイプ +* snapmirror show * を記録します

    2. デスティネーションクラスタから、 SnapMirror 関係を削除します: +*snapmirror delete *

      SnapMirror 関係は解除しないでください。解除するとデスティネーションボリュームのデータ保護機能が失われ、リホスト処理の完了後に関係を再確立できません。
    3. ソースクラスタから、 SnapMirror 関係情報「 +*snapmirror release * 」を解放します

      Snapshot コピーは削除されずにソースの関係情報だけが削除されるように、 -relationship-info-only パラメータを true に設定します。

    4. advanced 権限レベルに切り替えます: +*set -privilege advanced *

    5. デスティネーション SVM でボリュームをリホストします。 +* volume rehost -vserver source_SVM-volume vol_name -destination-vserver _destination_svm *

    6. ソースとデスティネーションの SVM 間に SVM ピア関係を作成します。 +* vserver peer create *

    7. ソース・ボリュームとデスティネーション・ボリュームの間に SnapMirror 関係を作成します。 +*snapmirror create *

      リホストしたボリュームは、 SnapMirror 関係のソースまたはデスティネーションにすることができます。

    8. データ保護関係を再同期化します :+*snapmirror resync *

リホストしたボリュームの自動ボリュームワークロードを手動で作成する必要があります。手順は次のとおりです。

  1. SVM にユーザ定義のポリシーグループを作成します。

    「 * qos policy-group create -vserver destination -vserver-policy -group_policy-group-name _ * 」のように指定します

  2. この QoS ポリシーグループを、リホストしたボリュームに割り当てます。

    * volume modify -vserver_destination-vserver_-volume -qos-policy-group policy-group-group-name*

ポリシーおよび関連するルールをリホストしたボリュームに手動で再設定する必要があります。

リホスト処理が失敗した場合は、ソースボリュームでボリュームのポリシーおよび関連するルールを再設定しなければならない場合があります。
  • 関連情報 *