日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ESXi CLI を使用したデータストアでの CAW の有効化

寄稿者 netapp-ivanad ntap-bmegan このページの PDF をダウンロード

Data ONTAP 7-Mode で Compare and Write ( CAW )がサポートされていなかった場合、 clustered Data ONTAP への移行時に CAW のサポートを手動で有効にする必要があります。clustered Data ONTAP では CAW がデフォルトでサポートされています。

  • VMFS データストアで I/O または VM が実行されていないことが必要です。

  • データストアが移行されている場合は、再マウントする必要があります。

  • 7-Mode Transition Tool ( 7MTT )マッピングファイルから新しい ONTAP LUN NAA ID を収集しておく必要があります。

CAW は、 VMFS データストアで I/O または VM が実行されていないときにのみ有効にする必要があります。

  • CAW は、 VMFS データストアで I/O または VM が実行されていないときにのみ有効にする必要があります。

  • コピーベースの移行の場合は、 7MTT でストレージカットオーバー処理を完了したあとに以下の手順を実行します。

  • コピーフリーの移行の場合は、 7MTT でデータと設定のインポート処理が完了したあとに以下の手順を実行します。

手順
  1. Inventory Collect Tool ( ICT )で生成された Inventory Assessment Workbook を開きます。

  2. SAN ホストのファイルシステムタブに移動します。

  3. データストアの CAW ステータスを確認します。

    データストアの * ATS / CAW * の値に「無効」 * と表示され、「 Filesystem 」列に「 * VMFS.x * 」と表示される必要があります。

  4. Disk 列にデータストアの名前をメモします

  5. SSH を使用して ESXi コンソールにログインします。

  6. デバイスとパーティションの詳細を表示します。

    ~#vmkfstools -ph-v1_datastore_path_

    datastore_path は、 _Inventory Assessment Workbook のディスク列に含まれるデータストア名です。

    #vmkfstools -ph-v1/vmfs/volumes/datastorname

    VMFS-5.60 file system spanning 1 partitions.
    File system label (if any): datastorename
    Mode: public
    Capacity 9.8 GB, 8.2 GB available, file block size 1 MB, max file size 64
    TB
    Volume Creation Time: Mon Dec 9 10:29:18 2013
    Files (max/free): 27408/27394
    Ptr Blocks (max/free): 64512/64495
    Sub Blocks (max/free): 3968/3964
    Secondary Ptr Blocks (max/free): 256/256
    File Blocks (overcommit/used/overcommit %): 0/1593/0
    Ptr Blocks (overcommit/used/overcommit %): 0/17/0
    Sub Blocks (overcommit/used/overcommit %): 0/4/0
    Volume Metadata size: 590675968
    UUID: 52a59b7e-52d2fb6c-11d6-001ec9d631cb
    Partitions spanned (on "lvm"):
    naa.600a098044314c6c442b446d51376749:1
    naa.600a098054314c6c445d446f79716431:1
    naa.600a098054314c6c445d446f79716433:1
    Is Native Snapshot Capable: YES
  7. 最初のデバイス名とパーティション番号をメモします。

    上記の例では、「 naa.600a0988044314c6c442b446d51376749:1' 」はデバイス名とパーティション番号です。

  8. デバイス ID とパーティション番号を使用して、データストアで CAW を有効にします。

    `~#vmkfstools — configATSOnly 1/vmfs/devices/disks/_ デバイス ID : Partition

  9. VMFS ボリュームが ATS にだけ設定されていることを確認します。

    #vmkfstools -ph-v1/vmfs/volumes/vmfs-volume-name

    VMFS-5.54 file system spanning 1 partitions.
    File system label (if any): ats-test-1
    Mode: public ATS-only
    • 関連情報 *