日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

7-Mode 構成の適用

寄稿者 netapp-ivanad ntap-bmegan このページの PDF をダウンロード

ベースラインデータコピーが完了したら、 7-Mode システムのすべての構成(プロトコルとサービスの構成を含む)を ONTAP ボリュームにコピーして適用することができます。ターゲットクラスタで ONTAP 8.3.2 以降のサポートされるリリースのいずれかのバージョンが実行されている場合は、このフェーズで SAN 構成が移行されます。

SAN ボリュームを移行する場合は、クラスタ内のすべてのノードに対して該当するプロトコル( iSCSI または FC )のデータ LIF を少なくとも 1 つ作成しておく必要があります。

  • 構成は、構成の適用(カットオーバー前)フェーズで適用されます。このフェーズには 2 つのモード(カットオーバー前読み取り専用モードとカットオーバー前読み取り / 書き込みモード)があります。

プロジェクトに次の要素が含まれている場合、カットオーバー前読み取り / 書き込みモードはサポートされません。

  • SAN ボリュームとターゲットクラスタで Data ONTAP 8.3.1 以前が実行されている。この場合、次の構成はカットオーバー前フェーズでは適用されず、カットオーバーフェーズで適用されます。

    • SAN 構成

    • Snapshot スケジュールの設定

  • SnapLock Compliance ボリューム。

    プロジェクトに SnapLock Compliance ボリュームが含まれている場合は、 Snapshot スケジュールの設定はカットオーバー前フェーズでは適用されず、カットオーバーフェーズで適用されます。

手順
  1. ダッシュボードでプロジェクトを選択します。

  2. 構成を適用します。

    すべての構成を適用する場合のモード 作業

    読み取り専用モード

    [ 構成の適用 *] をクリックします。

    読み取り / 書き込みモード

    1. [ テストモード *] チェックボックスをオンにします。

    2. [ 構成の適用 *] をクリックします。

      ONTAP ボリュームが読み取り / 書き込み可能となり、構成とデータアクセス処理をテストできます。

    3. 構成の適用(カットオーバー前)ダイアログボックスで、テストモードでの構成の適用 * を選択します。

  3. SnapMirror データコピー処理数とスロットル制限を指定するには、 [ この処理の同時 SnapMirror 転送数とスロットル制限をカスタマイズする * ] チェックボックスを選択します。

    1. 移行中に実行する SnapMirror 同時転送の最大数を入力します。

    2. SnapMirror 転送に使用できる使用可能なストリームの割合を入力します。

      デフォルトでは、実行可能な Volume SnapMirror 転送の 50% が使用されます。

    3. スロットル制限を入力するか、 * 最大 * を選択して最大帯域幅を使用します。

      デフォルトでは、構成の移行には最大スロットルが使用されます。

  4. 移行する UNIX ベースまたは Microsoft AD ベースの Kerberos サーバ構成の詳細を指定するには、 * Transition Kerberos Configuration * チェックボックスを選択します。

    このオプションは、ソース 7-Mode ストレージシステムで Kerberos が設定されている場合にのみ有効になります。
    1. Kerberos サーバのホスト名、 IP アドレス、ユーザ名、パスワードなどの詳細を入力します。

      Kerberos 構成を移行する場合は、少なくとも 1 つの LIF をプロジェクトの一部として移行する必要があり、かつその LIF がホスト名に解決できることが必要です。
  5. [* Continue (続行) ] をクリックします

    Operation Progress ダイアログボックスが表示され、設定のコピー処理が開始されます。

  6. 構成の移行が読み取り / 書き込みモードで実行される場合は、構成のテストと検証が完了したら、「 * テストを完了」をクリックします。

    このモードはテスト目的でのみ使用してください。テストモードでマイグレートしたボリューム上のクラスタに書き込まれたデータは、すべて失われます。

    SnapMirror 関係が再確立され、 ONTAP ボリュームが(その時点でのそのプロジェクトのアクティブスケジュールに基づいて)再同期されます。7-Mode に書き込まれたすべてのデータが、 ONTAP ボリュームと再同期されます。

    再同期が成功するためには、 7-Mode ボリュームと clustered Data ONTAP ボリュームに共通の Snapshot コピーが存在する必要があります。共通の Snapshot コピーは手動で削除しないでください。削除すると再同期が失敗します。

7-Mode IP アドレスは動作したままとなります。Storage Virtual Machine ( SVM )上で LIF が次のように設定されます。

  • 既存の 7-Mode IP アドレスは管理状態が down で作成されます。

    ストレージカットオーバーの実行中に、これらの IP アドレスが 7-Mode システムから削除され、対応する Storage Virtual Machine ( SVM ) LIF の管理状態が up になります。カットオーバー前読み取り / 書き込みモードを選択した場合は、別の LIF を使用して、クラスタにマイグレートするボリュームにアクセスする必要があります。

  • 新しい IP アドレスは管理状態が up で作成されます。

    カットオーバー前読み取り / 書き込みモードを選択した場合は、これらの LIF を使用して、クラスタにマイグレートするボリュームへのアクセスをテストできます。

  • 関連情報 *