日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SAN ブート LUN を用のプライマリブート LUN にします 移行後に HP-UX Emulex HBA を使用します

寄稿者 netapp-ivanad ntap-bmegan このページの PDF をダウンロード

Data ONTAP 7-Mode の HP-UX ホストが SAN ブートであった場合は、 clustered Data ONTAP への移行後に SAN ブート LUN をプライマリブート LUN にする必要があります。

データ移行が完了し、ブート LUN が clustered Data ONTAP ノードからホストにマッピングされている必要があります。

コピーベースの移行の場合は、 7-Mode Transition Tool でストレージカットオーバー処理を完了したあとに以下の手順を実行します。HP-UX ホストでは、コピーフリーの移行はサポートされていません。

手順
  1. シェルプロンプトで、 Emulex HBA を表示します。

    「 * ドライバ * 」

  2. Emulex HBA を選択し、 Enter キーを押します。

  3. 「セットアップユーティリティ」を選択します。

  4. [ ブートパラメータの設定 *] を選択します。

  5. [Configure Boot Devices] を選択します。

  6. リストから任意のデバイスを選択し、 Enter キーを押します。

  7. * Scan Targets * (スキャンターゲット)を選択します。

  8. 必要なブートパスの LUN を選択し、 Enter キーを押します。

  9. モードとして * Peripheral dev * を選択し、 Enter キーを押します。

  10. [* Boot this device via WWN* ] を選択し、 Enter キーを押します。

    ブート LUN が表示されます。

  11. シェルプロンプトに戻るまで * Esc * を押します。

  12. LUN を表示して、ブートするパスを取得します。

    '*map-r *'

    LUN パスは、 Device 列の下に表示されます。ブート可能な SAN ディスクがマッピング・テーブル・カラムの下に表示され ' 出力文字列に WWN と Part 1 が表示されます

  13. SAN ブート LUN の LUN パスを入力します。

    LUN パスの例は fs0 です。

  14. EFI シェルを終了します。

    *cd efi *`

  15. HPUX ディレクトリに移動します。

    「 * cd hpux * 」と入力します

  16. 新しい clustered Data ONTAP の SAN ブート LUN をプライマリブート LUN にします。

    bcfg boot add 1 hpux .efi "HP-UX - プライマリ・ブート "`

  17. SAN ブート LUN の EFI にエントリを作成して、 HBA BIOS を手動で更新します。

  18. 代替ブートパスを作成します。

    *bcfg boot add 2 hpux .efi "HPUX alternate boot" *`

  19. 3 つ目のブートパスを作成します。

    *bcfg boot add 2 hpux .efi "HPUX Third boot" *`

  20. 4 つ目のブートパスを作成します。

    bcfg boot add 2 hpux .efi "HPUX fourth boot"`