日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SAN の移行:サポートされる構成とされない構成、必要な手動手順

寄稿者 netapp-barbe netapp-ivanad ntap-bmegan このページの PDF をダウンロード

7-Mode Transition Tool で移行される SAN 構成を理解しておく必要があります。また、 ONTAP でサポートされない 7-Mode の SAN 機能を把握して、移行前に必要な措置を講じる必要があります。

事前確認のエラーおよび警告メッセージをすべて検証して、このような構成が移行に及ぼす影響を評価する必要があります。

移行される構成

次の SAN 構成は 7-Mode Transition Tool で移行されます。

  • FC および iSCSI サービス

  • igroup と LUN のマッピング

    • LUN にマッピングされていない 7-Mode の igroup は、ターゲット SVM に移行されません。

    • clustered Data ONTAP 8.3.0 および 8.3.1 では、カットオーバー前処理で igroup と LUN のマッピング構成は移行されません。

      代わりに、必要な igroup が作成されます。プライマリボリュームとスタンドアロンボリュームの場合、カットオーバー処理の実行中に LUN が igroup にマッピングされます。ただし、セカンダリボリュームの場合、カットオーバー処理の実行中に LUN から igroup へのマッピングが行われません。プライマリボリュームの移行が完了したあとに、セカンダリ LUN を手動でマッピングする必要があります。

    • ONTAP 8.3.2 以降のサポートされるリリースでは、カットオーバー前処理の実行中に igroup と LUN のマッピング構成が適用されます。

ONTAP でサポートされない構成です

ONTAP でサポートされない構成は次のとおりです。

  • 7-Mode の Snapshot コピーでバックアップされた LUN クローン

    Snapshot コピーに含まれる、 Snapshot コピーでバックアップされた LUN クローンはリストア処理ではサポートされません。これらの LUN には ONTAP からアクセスできません。7-Mode の Snapshot コピーでバックアップされた LUN クローンは、移行前にスプリットまたは削除しておく必要があります。

  • ostype パラメータの値が vld ' image ' またはユーザ定義の任意の文字列である LUN

    このような LUN では、 ostype パラメータの値を変更するか、移行前に LUN を削除しておく必要があります。

  • LUN クローンスプリット

    実行中の LUN クローンスプリット処理が終了するまで待つか、 LUN クローンスプリットを中止して LUN を削除してから、移行を実行する必要があります。

7-Mode の以下の機能は、使用していても移行プロセスを続行できますが、 ONTAP ではサポートされません。

  • lun share コマンド

    NAS プロトコルを使用した LUN の共有

  • SnapValidator

手動で移行する必要のある構成

次の構成は手動で移行する必要があります。

  • SAN LIF

    移行の前に LIF を手動で作成する必要があります。

  • ポートセット

    移行後に、ポートセットにバインドされた igroup を手動で設定する必要があります。

  • iSCSI アクセスリスト情報

  • iSNS 構成

  • iSCSI CHAP および RADIUS の構成

  • 関連情報 *