日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

vSphere Client を使用した RDM の VM への再接続

寄稿者 netapp-ivanad ntap-bmegan このページの PDF をダウンロード

7-Mode Transition Tool ( 7MTT )を使用して ESXi ホストを移行したあとで、 RDM を仮想マシン( VM )に再接続する必要があります。

古い Raw デバイスマッピング( RDM )を削除しておく必要があります。

手順
  1. ESXi ホストまたは ESXi ホストを管理する vCenter Server を開きます。

  2. VM を右クリックし、 * 設定の編集 * を選択します。

    [VM のプロパティ ] ウィンドウが開きます。

  3. [ 追加( Add ) ] をクリックします。

    [ ハードウェアの追加 ] ウィンドウが開きます。

  4. [* ハードディスク * ] をクリックします。

  5. [ 次へ * ] をクリックしてディスクを選択します。

  6. 「 * Raw Device Mappings * 」を選択します。

  7. [ * 次へ * ] をクリックして、ターゲット LUN を選択します。

  8. 7MTT マッピングファイルからメモした新しい clustered Data ONTAP NAA ID の LUN を選択します。

  9. 「 * 次へ * 」をクリックします。

  10. [Select Datastore] を選択します。

  11. 7MTT マッピングファイルでメモしたディスクパスと一致するデータストアを選択します。

  12. 「 * 次へ * 」をクリックします。

  13. [* 互換モード * ] で [* 物理的 * ] または [* 仮想 * ] のいずれかを選択します。

    古い RDM を削除したときにメモした互換モードを選択します。

  14. 「 * 次へ * 」をクリックします。

  15. 「 * 詳細オプション * 」を選択します。

  16. [ 仮想デバイスノード ] を選択します。

    古い RDM を削除したときにメモした仮想デバイスモードを選択します。

  17. 「 * 次へ * 」をクリックします。

  18. [ 完了 ] をクリックして変更を送信します。

  19. RDM が接続されているすべての VM について、上記の手順を繰り返します。

    • 関連情報 *