日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SnapMirror を使用して 7-Mode ボリュームを移行する

寄稿者

ONTAP 9.12.1以降では、SnapMirrorテクノロジを使用する7-Modeボリュームを移行できなくなりました。

ただし、ONTAP 9.11.1以前のリリースでは、clustered Data ONTAP のSnapMirrorコマンドを使用して、NASおよびSAN環境の7-Modeボリュームをclustered Data ONTAP ボリュームに移行できます。移行が完了したら、クラスタ上でプロトコル、サービス、その他の設定を行う必要があります。

推奨事項: ONTAP 9.11.1以前のリリースでは、7-Modeボリュームをコピーベースで移行する場合に7-Mode Transition Toolを使用してください。これは、マイグレーションプロセスのすべてのステップで7-Modeボリュームとクラスタの両方を事前に検証するチェック機能があるためです。これにより、多数の潜在的な問題を回避できます。このツールを使用すると、データ移行だけでなく、すべてのプロトコル、ネットワーク、サービスの設定の移行も大幅に簡易化されます。

この手順は、 SnapMirror を使用した移行で実行する必要があるタスクの概要を提供します。

注記

ONTAP 9.12.1にアップグレードする前に、次の作業を行う必要があります。

手順
  1. 次のコマンドを実行して、SnapMirrorデスティネーションボリュームを書き込み可能にします。 snapmirror break

  2. 次のコマンドを実行して、すべてのTDP SnapMirror関係を削除します。 snapmirror delete

データの移行が完了したら、次のタスクを実行する必要があります。