日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

RDM LUN を VM に再接続

寄稿者 netapp-ivanad ntap-bmegan このページの PDF をダウンロード

Raw デバイスマッピング( RDM ) LUN に接続されている VM が移行後に機能するためには、 LUN をホストする RDM ディスクを VM から削除する必要があります。その後、 7-Mode Transition Tool ( 7MTT )から提供された LUN シリアル番号に基づいて、 RDM ディスクを VM に再接続します。

  • コピーベースの移行の場合は、 7MTT でストレージカットオーバー処理を開始する前に以下の手順を実行します。

  • コピーフリーの移行の場合は、 7MTT で 7-Mode システムのエクスポートおよび停止処理を開始する前に以下の手順を実行します。

手順
  1. Inventory Assessment Workbook で、 * Host VM Disk Details * タブに移動します。

  2. 「 * タイプ」列で、 PTRDM または NPTRDM を使用する ESXi ホスト VM を特定します。

  3. VM 名、「 * Disk * 」列に表示されたディスクパスの詳細、および「 * Device Mapped * 」列に表示されている NAA ID をメモします。

  4. 移行後に生成された 7MTT マッピングファイルにその NAA ID が記載されていることを確認します。

  5. マッピングファイルの * LUN WWID * 列に対応する新しい NAA ID が NAA ID になっていることを確認します。

    これが新しい clustered Data ONTAP LUN NAA ID です。

  6. clustered Data ONTAP LUN NAA ID を * lun WWID * 列に記載し、ディスクパスの詳細を使用して clustered Data ONTAP LUN を VM に再接続します。

    • 関連情報 *