日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Solaris ホストの Sun Volume 移行時のカットオーバーフェーズの準備 Manager データ LUN

寄稿者 netapp-ivanad ntap-bmegan このページの PDF をダウンロード

Sun Volume Manager を搭載した Solaris ホストデータ LUN を Data ONTAP 7-Mode から clustered Data ONTAP に移行する場合は、カットオーバーフェーズを開始する前に特定の手順を実行する必要があります。

FC 構成を使用している場合は、 clustered Data ONTAP ノードへのファブリック接続とゾーニングを確立する必要があります。

iSCSI 構成を使用している場合は、 clustered Data ONTAP ノードへの iSCSI セッションを検出して、ログインする必要があります。

コピーベースの移行の場合は、 7-Mode Transition Tool ( 7MTT )でストレージカットオーバー処理を開始する前に以下の手順を実行します。

コピーフリーの移行の場合は、 7MTT で 7-Mode のエクスポートおよび停止処理を開始する前に以下の手順を実行します。

  1. すべてのマウントポイントで I/O を停止します。

  2. アプリケーションベンダーの推奨事項に従って、 LUN にアクセスしている各アプリケーションをシャットダウンします。

  3. すべてのマウントポイントをアンマウントします。

    'umount_mount_point_

    #umount /d1
    #umount /d2
  4. メタセットに対して次の処理を実行します。

    *metaset – s_set-name_– 無効 *

    「 metaset – s_set-name_– r 」

    'metaset – s_set-name_– P

    metaset -s n_vg -A disable
    metaset -s n_vg -r
    metaset -s n_vg -P