日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SnapMirror を使用した移行に関する考慮事項

寄稿者 netapp-ivanad ntap-bmegan このページの PDF をダウンロード

データコピースケジュールを作成し、既存の 7-Mode から 7-Mode への SnapMirror 処理や SnapVault 処理に影響を与えずに、移行処理用に SnapMirror データ転送をカスタマイズすることができます。

SnapMirror 同時転送の最大数

移行時に、 7-Mode システムおよび ONTAP システムでサポートされる同時に実行可能な SnapMirror 転送の最大数は、使用中のストレージシステムモデルでサポートされる Volume SnapMirror レプリケーション処理数によって決まります。

ご使用のシステムモデルで同時に実行可能な Volume SnapMirror 転送の最大数については、を参照してください "『 Data ONTAP データ保護:オンラインバックアップおよびリカバリガイド』を参照してください 7-Mode"

データコピースケジュール

  • ツールでの SnapMirror 処理で同時に実行される SnapMirror 転送(ベースライン、更新、再同期)の数は、プロジェクト作成時に設定するスケジュールによって決まります。

  • 複数のプロジェクトで同じ 7-Mode コントローラからボリュームを移行する場合は、データコピースケジュールがプロジェクト間で重複しないようにする必要があります。

  • 既存のバックアップ処理とディザスタリカバリ( DR )処理が 7-Mode Transition Tool の移行処理の影響を受けないようにする方法は以下のとおりです。

    • プロジェクトの SnapMirror データコピースケジュールを、既存の 7-Mode SnapMirror または SnapVault のスケジュールと重複しないように作成します。

    • 既存の 7-Mode SnapMirror または SnapVault スケジュールが失敗しないように、同時に実行される SnapMirror 転送数を設定する必要があります。

      アクティブなスケジュールを編集し、同時に実行可能な Volume SnapMirror 転送の最大数をゼロに変更することによって、一部の転送を解除することもできます。

  • 同時に実行される SnapMirror 転送数と、各処理(カットオーバー前、カットオーバー、オンデマンド更新)に設定されたスロットルを、処理の全期間にわたって 7-Mode ストレージシステムで確保する必要があります。

    プロジェクトのいずれかのボリュームで最後の差分更新処理が失敗すると、カットオーバー処理は失敗します。

  • セカンダリプロジェクトの場合、カットオーバー後の、 7-Mode のプライマリボリュームと ONTAP のセカンダリボリュームの間の SnapMirror 関係に対する SnapMirror 差分更新は、 7-Mode と 7-Mode の SnapMirror 関係のスケジュールに基づきます。

    7-Mode プライマリコントローラで、これらの更新に対応できる十分な数の SnapMirror 同時転送数が設定されていることを確認する必要があります。

複数のパスを移行に使用する

データコピー IP アドレスとマルチパス IP アドレスを使用して、移行用に 2 つのパスを指定できます。ただし、どちらのパスも負荷分散には使用できますが、フェイルオーバーには使用できません。

  • 関連情報 *