日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

7-Mode システムで SP または RLM をセットアップする コピーフリーの移行の場合

寄稿者 netapp-ivanad ntap-bmegan このページの PDF をダウンロード

7-Mode ストレージシステムで Service Processor ( SP ;サービスプロセッサ)または Remote LAN Module ( RLM )を設定していない場合や、 IPv6 アドレスを使用して設定している場合は、 IPv4 アドレスを使用して SP または RLM を設定する必要があります。

  • 7-Mode Transition Tool がインストールされているホストで SSHv2 がサポートされている必要があります。

  • 「 admin 」ロールまたは「 login-sp 」機能を持つロールのクレデンシャルが設定された SP または RLM の「 naroot 」アカウント、または Data ONTAP ユーザアカウントへのアクセス権が必要です。

7-Mode Transition Tool は、移行中にシステムが停止すると、リモート管理デバイスを使用して 7-Mode システムにアクセスします。使用されるリモート管理デバイスはプラットフォームモデルによって異なり、 SP または RLM のどちらかです。IPv4 アドレスを使用して SP または RLM を設定する必要があります。IPv6 構成は移行でサポートされません。

手順
  • SP を設定し、 7-Mode Transition Tool がインストールされているホストに SP アクセスを付与します。

    1. IPv4 アドレス :+`sp setup' を使用して 'SP ネットワークを構成し ' 有効にします

      system1> sp setup
         The Service Processor (SP) provides remote management capabilities
         including console redirection, logging and power control.
         It also extends autosupport by sending
         additional system event alerts. Your autosupport settings are use
         for sending these alerts via email over the SP LAN interface.
      Would you like to configure the SP? y
      Would you like to enable DHCP on the SP LAN interface? n
      Please enter the IP address of the SP []: 192.168.123.98
      Please enter the netmask of the SP []: 255.255.255.0
      Please enter the IP address for the SP gateway []: 192.168.123.1
      Do you want to enable IPv6 on the SP ? n
      Verifying mailhost settings for SP use...
    2. SP ネットワーク構成の設定を確認します。

      *SP ステータス *

      system1> sp status
              Service Processor      Status: Online
                   Firmware Version:   1.2
                   Mgmt MAC Address:   00:A0:98:01:7D:5B
                   Ethernet Link:      up
                   Using DHCP:         no
          IPv4 configuration:
                   IP Address:         192.168.123.98
                   Netmask:            255.255.255.0
                   Gateway:            192.168.123.1
    3. 7-Mode Transition Tool がインストールされているホストに SP アクセスを付与する。

      'options sp.ssh.access host=_ 7mtt_host'

      7mtt_host は、 7-Mode Transition Tool がインストールされているホストのホスト名または IP アドレスです。

      SP を設定すると、デフォルトですべてのホストにアクセス権が付与されます。特定のホストにアクセスを制限する場合は、この手順を実行する必要があります。
    4. 7-Mode Transition Tool がインストールされているホストから、 SP にログインします。 +ssh_username@SP_IP_address _

      プロンプトが表示されたら、ユーザ名に対応するパスワードを入力します。

    SP プロンプトが表示され、 SP CLI にアクセスした状態になります。

  • RLM を設定し、 7-Mode Transition Tool がインストールされているホストに RLM アクセスを付与します。

    1. RLM ネットワークに IPv4 アドレス「 +rlm setup 」を設定します

      RLM CLI ウィザードで、 RLM の IP アドレス、ネットワークマスク、およびゲートウェイを入力する必要があります。

      system> rlm setup
      	  The Remote LAN Module (RLM) provides remote management capabilities
       	 including console redirection, logging and power control.
       	 It also extends autosupport by sending
       	 additional system event alerts. Your autosupport settings are used
       	 for sending these alerts via email over the RLM LAN interface.
      Would you like to configure the RLM? y
      Would you like to enable DHCP on the RLM LAN interface? n
      Please enter the IP address for the RLM []:192.168.123.98
      Please enter the netmask for the RLM []:255.255.255.0
      Please enter the IP address for the RLM gateway []:192.168.123.1
      Do you want to enable IPv6 on the RLM ? n
      Verifying mailhost settings for RLM use...
    2. RLM ネットワーク設定が正しいことを確認します。

      「 * RLM の状態 * 」

      system> rlm status
      	Remote LAN Module    Status: Online
      		Part Number:        110-00030
      		Revision:           A0
      		Serial Number:      123456
      		Firmware Version:   4.0
      		Mgmt MAC Address:   00:A0:98:01:7D:5B
      		Ethernet Link:      up, 100Mb, full duplex, auto-neg complete
      		Using DHCP:         no
      	IPv4 configuration:
      		IP Address:         192.168.123.98
      		Netmask:            255.255.255.0
      		Gateway:            192.168.123.1
    3. 7-Mode Transition Tool がインストールされているホストに RLM アクセスを付与します。

      「 + options rlm.ssh.access host=_ 7mtt_host*` 」のようになります

      7mtt_host は、 7-Mode Transition Tool がインストールされているホストの名前または IP アドレスです。

      RLM を設定すると、デフォルトですべてのホストにアクセス権が付与されます。特定のホストにアクセスを制限する場合は、この手順を実行する必要があります。
    4. 7-Mode Transition Tool がインストールされているホストから、 RLM にログインします。

      ssh_username@RLM_IP_address _

      プロンプトが表示されたら、ユーザ名に対応するパスワードを入力する必要があります。

    RLM プロンプトが表示され、 RLM CLI にアクセスした状態になります。