日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Sun Volume Manager を搭載した Solaris ホスト LUN の移行準備

寄稿者 netapp-ivanad ntap-bmegan このページの PDF をダウンロード

Sun Volume Manager を搭載した Solaris ホストデータ LUN を ONTAP 7-Mode から clustered ONTAP に移行する前に、移行プロセスに必要な情報を収集する必要があります。

このタスクでは、環境コピーベースの移行とコピーフリーの移行について説明します。

手順
  1. LUN を表示して、移行する LUN の名前を特定します。

    「 * lun show * 」と入力します

     fas8040-shu01> lun show
            /vol/ufs/ufs1                  5g (5368709120)    (r/w, online, mapped)
            /vol/ufs/ufs2                  5g (5368709120)    (r/w, online, mapped)
            /vol/zfs/zfs1                  6g (6442450944)    (r/w, online, mapped)
            /vol/zfs/zfs2                  6g (6442450944)    (r/w, online, mapped)
  2. ホストで、 LUN のデバイスファイル名を確認します。

    「 * # sanlun lun show * 」のように表示されます

    デバイスファイル名は「デバイスファイル名」列に表示されます。

    # sanlun lun show
    controller(7mode)/                    device                                            host                  lun
    vserver(Cmode)       lun-pathname     filename                                          adapter    protocol   size    mode
    --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
    fas8040-shu01        /vol/zfs/zfs2    /dev/rdsk/c0t60A98000383035356C2447384D396550d0s2 scsi_vhci0 FCP        6g      7
    fas8040-shu01        /vol/zfs/zfs1    /dev/rdsk/c0t60A98000383035356C2447384D39654Ed0s2 scsi_vhci0 FCP        6g      7
    fas8040-shu01        /vol/ufs/ufs2    /dev/rdsk/c0t60A98000383035356C2447384D39654Ad0s2 scsi_vhci0 FCP        5g      7
    fas8040-shu01        /vol/ufs/ufs1    /dev/rdsk/c0t60A98000383035356C2447384D396548d0s2 scsi_vhci0 FCP        5g
  3. SVM を表示して記録し、 SVM に関連付けられているディスクを取得します。

    「 * metaset * 」

    'metaset-s_set-name_

    # metaset
    Set name = svm, Set number = 1
    Host                Owner
      Solarisx2-shu04        Yes
    Drive                                            Dbase
    /dev/dsk/c0t60A98000383035356C2447384D39654Ad0   Yes
    /dev/dsk/c0t60A98000383035356C2447384D396548d0   Yes
    # metastat -s svm
    svm/d2: Concat/Stripe
        Size: 10452992 blocks (5.0 GB)
        Stripe 0:
            Device                                             Start Block  Dbase   Reloc
            /dev/dsk/c0t60A98000383035356C2447384D396548d0s0          0     No      Yes
    
    svm/d1: Concat/Stripe
        Size: 10452992 blocks (5.0 GB)
        Stripe 0:
            Device                                             Start Block  Dbase   Reloc
            /dev/dsk/c0t60A98000383035356C2447384D39654Ad0s0          0     No      Yes
    
    Device Relocation Information:
    Device                                           Reloc  Device ID
    /dev/dsk/c0t60A98000383035356C2447384D396548d0   Yes    id1,sd@n60a98000383035356c2447384d396548
    /dev/dsk/c0t60A98000383035356C2447384D39654Ad0   Yes    id1,sd@n60a98000383035356c2447384d39654a
  4. マウントポイントを表示して記録します。

    「 * df – ah * 」と入力します

    # df -ah
    Filesystem             size   used  avail capacity  Mounted on
    /dev/md/svm/dsk/d1     4.9G   1.5G   3.4G    31%    /d1
    /dev/md/svm/dsk/d2     4.9G   991M   3.9G    20%    /d2