日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

RHEL ホストにおける ONTAP LUN から 7-Mode LUN へのロールバック

寄稿者 netapp-ivanad ntap-bmegan このページの PDF をダウンロード

Data ONTAP 7-Mode からの移行後に ONTAP LUN が想定どおりに動作しない場合は、 Red Hat Enterprise Linux ( RHEL ) 5 または RHEL 6 ホストで ONTAP から 7-Mode LUN にロールバックできます。

7-Mode LUN を RHEL 5 または RHEL 6 ホストに再マッピングする必要があります。

手順
  1. 7-Mode LUN を検出します。

    *rescan -scsi-bus.sh *

  2. 7-Mode LUN 用に DMMP デバイスを設定します。

    「 * マルチパス * 」

  3. 7-Mode LUN を確認します。

    「 * sanlun lun show * 」と表示されます

  4. 7-Mode LUN のデバイスハンドル ID を確認します。

    'multipath -ll DEVICE_HANDLE NAME

  5. ホストに論理ボリュームマネージャ( LVM )が設定されていた場合は、次の手順を実行します。

    1. ボリューム・グループをインポートします :+vgimport_vg_name_

    2. ボリューム・グループのステータスを確認します :+vgdisplay

    3. 論理ボリュームを有効にします :+vgchange-ay_vg_name_

    4. 論理ボリュームのステータスを確認します :+lvdisplay

      ステータスが available と表示される必要があります。

    5. ONTAP LUN から各マウントポイントディレクトリに論理ボリュームをマウントします: +mount_lv_name mount_point_

      マウントポイントが /etc/fstab ファイルに定義されている場合は '`m ount-a` コマンドを使用して論理ボリュームをマウントすることもできます

    6. マウントポイントを確認します :+mount