日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SAN

Storage Area Network ( SAN ;ストレージエリアネットワーク)リソースの管理に使用できる API 呼び出しを次に示します。

Fibre Channel ログインは、 ONTAP にログインした Fibre Channel イニシエータによって確立された接続を表します。このリソースタイプは ONTAP 9.6 で導入されました。

Fibre Channel Protocol ( FCP )サービスは、 SVM の Fibre Channel ターゲットのプロパティを定義します。このリソースタイプは ONTAP 9.6 で導入され、 ONTAP 9.7 で更新されました。

World Wide Port Name ( WWPN ;ワールドワイドポート名)は、 Fibre Channel ポートを一意に識別する 64 ビットの値です。このリソースタイプは ONTAP 9.6 で導入されました。

イニシエータグループ( igroup )は、ホストイニシエータを識別する Fibre Channel WWPN ( World Wide Port Name )、 iSCSI IQN (修飾名)、および iSCSI Extended Unique Identifier ( EUI )の集まりです。このリソースタイプは、もともと ONTAP 9.6 で導入されたものです。

ネストされた igroup は、 ONTAP 9.9 の新機能であり、 REST API にもサポートが追加されています。この REST リソースタイプは ONTAP 9.9 で導入されました。

iSCSI クレデンシャルオブジェクトには、イニシエータと ONTAP で使用される認証クレデンシャルが含まれています。このリソースタイプは ONTAP 9.6 で導入されました。

iSCSI サービスは、 SVM の iSCSI ターゲットのプロパティを定義します。このリソースタイプは ONTAP 9.6 で導入され、 ONTAP 9.7 で更新されました。

iSCSI セッションは、 iSCSI イニシエータを iSCSI ターゲットにリンクする 1 つ以上の TCP 接続です。このリソースタイプは ONTAP 9.6 で導入されました。

LUN 属性は呼び出し元によって定義された名前と値のペアであり、オプションで LUN に格納できます。属性は、アプリケーション固有のメタデータを少量保存するために使用でき、 ONTAP で解釈されません。エンドポイントを使用して、 LUN の属性を作成、更新、削除、および検出できます。このリソースタイプは ONTAP 9.10 で導入されました。

LUN マップは、 LUN とイニシエータグループの関連付けです。このリソースタイプは ONTAP 9.6 で導入されました。

レポートノードとは、マッピングされた LUN へのネットワークパスが ONTAP の選択的 LUN マップ( SLM )機能の一部として SAN プロトコルを使用してアドバタイズされるクラスタノードです。新しいエンドポイントを使用すると、 LUN マップのレポートノードを追加、削除、および検出できます。このリソースタイプは ONTAP 9.10 で導入されました。

LUN は、 Storage Area Network ( SAN ;ストレージエリアネットワーク)内のストレージを論理的に表したものです。このリソースタイプは ONTAP 9.6 で導入され、 ONTAP 9.7 で更新されました。

ポートセットは、 _portset_Storage VM に関連付けられたファイバチャネルまたは iSCSI ネットワークインターフェイスの集まりです。この機能は以前のリリースの ONTAP にも搭載されていましたが、現在は REST API にもサポートが追加されています。この REST リソースタイプは ONTAP 9.9 で導入されました。

VMware の Virtual Volume ( VVOL )バインドは、「 protocol_endpoint 」クラスの LUN と「 vvol 」クラスの LUN の間の関連付けです。VVOL バインド REST API を使用すると、 VVOL バインドを作成、削除、および検出できます。このリソースタイプは ONTAP 9.10 で導入されました。