日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ロールとユーザを使用する

寄稿者

基本的なRBAC機能を理解したら、ONTAP のロールとユーザを使用できるようになります。

管理アクセス

ONTAP ロールは、REST APIまたはコマンドラインインターフェイスを使用して作成および管理できます。アクセスの詳細を以下に示します。

REST API

RBACロールとユーザアカウントを使用するときは、いくつかのエンドポイントを使用できます。表の最初の4つは、ロールの作成と管理に使用されます。最後の2つのは、ユーザアカウントの作成と管理に使用します。

ヒント ONTAP にはオンラインでアクセスできます "API リファレンス" APIの使用例など、詳細な情報が記載されたドキュメント。
エンドポイント 説明

「/security/roles」を参照してください

このエンドポイントでは、新しいRESTロールを作成できます。また、ONTAP 9.11.1以降では、従来のロールを作成することもできます。この場合、ONTAP は入力パラメータに基づいてロールタイプを決定します。定義済みのロールのリストを取得することもできます。

/security/roles/{owner.UUID}/{name}

クラスタまたはSVMを対象とした特定のロールを取得または削除できます。UUIDの値は、ロールが定義されているSVM(クラスタまたはデータSVM)を示します。名前の値はロールの名前です。

`/security/roles/{owner.UUID}/{name}/privileges `

このエンドポイントでは、特定のロールの権限を設定できます。組み込みのロールは取得できますが、更新することはできません。詳細については、お使いのONTAP リリースのAPIリファレンスドキュメントを参照してください。

/security/roles/{owner.UUID}/{name}/privileges /[path]

特定の権限のアクセスレベルとオプションのクエリ値を取得、変更、および削除できます。詳細については、お使いのONTAP リリースのAPIリファレンスドキュメントを参照してください。

「/security/accounts」

このエンドポイントを使用すると、クラスタまたはSVMを対象とした新しいユーザアカウントを作成できます。アカウントが使用可能になるには、いくつかの種類の情報が含まれているか、追加されている必要があります。定義済みのユーザアカウントのリストを取得することもできます。

/security/accounts/{owner.UUID}/{name}

クラスタまたはSVMを対象とした特定のユーザアカウントを取得、変更、および削除できます。UUIDの値は、ユーザが定義されているSVM(クラスタまたはデータSVM)です。名前の値はアカウントの名前です。

コマンドラインインターフェイス

次に、関連するONTAP CLIコマンドについて説明します。すべてのコマンドには、管理者アカウントを使用してクラスタレベルでアクセスします。

コマンドを実行します 説明

「security login」と入力します

ユーザログインを作成および管理するために必要なコマンドが格納されたディレクトリです。

「security login rest-role」と入力します

ユーザログインに関連付けられたRESTロールの作成と管理に必要なコマンドを格納するディレクトリです。

「security login role」と入力します

ユーザログインに関連付けられた従来のロールを作成および管理するために必要なコマンドが格納されたディレクトリです。

ロールの定義

RESTロールと従来のロールは、一連の属性によって定義されます。

所有者と範囲

ロールは、ONTAP クラスタまたはクラスタ内の特定のデータSVMに所有されます。所有者は、ロールの範囲も暗黙的に決定します。

一意の名前

すべてのロールには、スコープ内で一意の名前を付ける必要があります。クラスタロールの名前はONTAP クラスタレベルで一意である必要があります。一方、SVMロールは特定のSVM内で一意である必要があります。

注記 新しいRESTロールの名前は、RESTロールと従来のロールで一意である必要があります。これは、RESTロールを作成すると同じ名前の新しいtraditional _mapping_roleが作成されるためです。
権限のセット

すべてのロールには、1つ以上の権限のセットが含まれています。各権限では、特定のリソースまたはコマンドと関連するアクセスレベルが識別されます。

権限

ロールには1つ以上の権限を含めることができます。各特権の定義はタプルであり、特定のリソースまたは操作へのアクセスレベルを確立します。

リソースパス

リソースパスは、RESTエンドポイントまたはCLIコマンド/コマンドディレクトリパスのいずれかとして識別されます。

RESTエンドポイント

RESTロールのターゲットリソースはAPIエンドポイントで特定されました。

CLI コマンド

CLIコマンドは、従来のロールのターゲットを特定します。コマンドディレクトリも指定できます。これにより、すべてのダウンストリームコマンドがONTAP CLI階層に含まれます。

アクセスレベル

アクセスレベルは、特定のリソースパスまたはコマンドに対するロールのアクセスタイプを定義します。アクセスレベルは、事前に定義された一連のキーワードによって識別されます。ONTAP 9.6では3つのアクセスレベルが導入されました。従来のロールとRESTロールの両方に使用できます。また、ONTAP 9.11.1で3つの新しいアクセスレベルが追加されました。これらの新しいアクセスレベルは、RESTロールでのみ使用できます。

注記 アクセスレベルはCRUDモデルに従います。RESTでは、主なHTTPメソッド(POST、GET、PATCH、DELETE)に基づいています。対応するCLI処理は、一般にREST処理(create、show、modify、delete)と対応します。
アクセスレベル RESTプリミティブ を追加しました RESTロールのみ

なし

該当なし

9.6

いいえ

- 読み取り専用

取得

9.6

いいえ

すべて

GET、POST、PATCH、DELETE

9.6

いいえ

READ_CREATE

GET、POST

9.11.1

はい。

READ_MODIFY

取得、パッチ

9.11.1

はい。

READ_CREATE _MODIFY

GET、POST、PATCH

9.11.1

はい。

オプションのクエリ

従来のロールを作成する場合、コマンドまたはコマンドディレクトリに適用可能なオブジェクトのサブセットを特定する* query *値をオプションで指定できます。

組み込みのロールの概要

ONTAP には、クラスタレベルまたはSVMレベルで使用できる事前定義されたロールがいくつか用意されています。

クラスタを対象としたロール

クラスタ内には、複数の組み込みのロールを使用できます。

を参照してください "クラスタ管理者の事前定義されたロール" を参照してください。

ロール 説明

管理

このロールの管理者には制限のない権限があり、ONTAP システムであらゆる操作を実行できます。クラスタレベルおよびSVMレベルのすべてのリソースを設定できます。

AutoSupport

これは、AutoSupport アカウント専用のロールです。

バックアップ

この特殊な役割は、システムのバックアップが必要なバックアップソフトウェアに適用されます。

SnapLock

これは、SnapLock アカウント専用のロールです。

- 読み取り専用

このロールの管理者は、すべてのデータをクラスタレベルで表示できますが、変更はできません。

なし

管理機能は提供されません。

SVMを対象としたロール

SVMには、SVMスコープで使用できる組み込みのロールがいくつかあります。* vsadmin *は、最も一般的で強力な機能へのアクセスを提供します。特定の管理タスクに応じて、次のような追加のロールが用意されています。

  • vsadmin-volume

  • vsadmin-protocol のいずれかです

  • vsadmin-backup のストレージシステムで

  • vsadmin-snaplock

  • vsadmin-readonly (読み取り専用

を参照してください "SVM 管理者の事前定義されたロール" を参照してください。

ロールタイプの比較

REST *ロールまたは*従来の*ロールを選択する前に、これらの違いを理解しておく必要があります。この2つのロールタイプの比較方法の一部を次に示します。

注記 RBACのユースケースが複雑で高度な場合は、通常は従来のロールを使用します。

ユーザがONTAP にアクセスする方法

ロールを作成する前に、ユーザがONTAP システムにどのようにアクセスするかを理解しておくことが重要です。このロールに基づいて、ロールのタイプを決定できます。

にアクセスします 推奨されるタイプ

REST APIのみ

RESTロールは、REST APIで使用するように設計されています。

REST APIおよびCLI

対応する従来のロールも作成するRESTロールを定義できます。

CLIのみ

従来のロールを作成できます。

アクセスパスの精度

RESTロールに対して定義されるアクセスパスは、RESTエンドポイントに基づいています。従来のロールのアクセスパスは、CLIコマンドまたはコマンドディレクトリに基づきます。また、オプションのクエリパラメータを従来のロールと一緒に指定することで、コマンドパラメータの値に基づいてアクセスをさらに制限することもできます。