日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

FLI の 7-Mode から ONTAP への移行ワークフロー

ここでは、 FLI の 7-Mode から ONTAP への移行ワークフローの例を示します。移行ワークフローは、オンラインとオフラインのどちらのワークフローとしても実行できます。

FLI の移行は、ソース LUN が 32 ビットアグリゲートでホストされている場合や LUN のアライメントが正しくない場合に推奨されます。FLI の 7-Mode から ONTAP への移行では、 7-Mode から ONTAP への LUN の移行と、 LUN アライメントの修正を組み合わせて、 32 ビットアグリゲートから 64 ビットアグリゲートに LUN を移行することができます。7-Mode Transition Tool ( 7MTT )など、 LUN を移行する他の方法では、 ONTAP に移行する前に、 LUN アライメントの修正や、 32 ビットから 64 ビットへのアグリゲートの変換が必要になる場合があります。

FLI の 7-Mode から ONTAP への移行ワークフローは、オンラインとオフラインのどちらのワークフローでもかまいません。これらのワークフローは、対応するオフラインおよびオンラインの 2 つの FLI 移行ワークフローと機能的には同じですが、ソースアレイが NetApp 7-Mode ストレージアレイである点が異なります。どちらのワークフローでも、対応する移行ワークフローと同じルールと手順を共有します。これには、 FLI オンラインワークフローでサポートされるホストオペレーティングシステムのリストが含まれます。

この例では、 FLI の 7-Mode から ONTAP への移行プロセスの手順をひととおり説明します。FLI の 7-Mode から ONTAP への移行フローには、次のタスクが含まれます。

  1. ソースアレイとデスティネーションアレイを準備しています

  2. 停止を伴うカットオーバーの実行

  3. データをインポートする

  4. 移行結果の検証

  5. FLI 移行の移行後のタスク