日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

レイヤ 3 ワイドエリアネットワークに関する考慮事項

寄稿者 netapp-martyh このページの PDF をダウンロード

ONTAP 9.9..1 以降では、 IP ルーティング(レイヤ 3 )バックエンド接続を使用して MetroCluster IP 設定を実装できます。

MetroCluster バックエンドスイッチは、ルータに直接接続するか(次の簡単な例を参照)、または他の介在するスイッチを介してルーティングされた IP ネットワークに接続されます。

MCC レイヤ 3 バックエンド
ネットアップではネットアップ検証済みのスイッチのみをサポートしていますこれらのスイッチは、ネットアップがテストして販売します。これらはに一覧表示されています "ネットアップの Interoperability Matrix Tool ( IMT )" およびインチ 。

MetroCluster 環境は、の説明に従って標準的な MetroCluster IP 構成で構成およびケーブル接続されます "MetroCluster ハードウェアコンポーネントを設定します"。手順の設置とケーブル接続を行うときは、レイヤ 3 構成に固有の手順を実行する必要があります。

  • MetroCluster スイッチは、ルータに直接接続することも、介在する 1 つ以上のスイッチに接続することもできます。VLAN をゲートウェイデバイスに拡張する必要があります。

  • MetroCluster IP ( MCC-IP )インターフェイスアドレスと IP ゲートウェイアドレスを設定するには、 -gateway パラメータを使用します。

ルータおよびゲートウェイの IP アドレスを設定するときは、次の要件を満たしていることを確認します。

  • 各ノードで、 2 つのインターフェイスを同じゲートウェイ IP アドレスにすることはできません。

  • 各サイトの HA ペアの対応するインターフェイスには、同じゲートウェイ IP アドレスが必要です。

  • ノードとその DR パートナーおよび AUX パートナーの対応するインターフェイスは、同じゲートウェイ IP アドレスを持つことはできません。

  • ノードとその DR パートナーおよび AUX パートナーの対応するインターフェイスは、同じ VLAN ID を持つ必要があります。

MetroCluster VLAN は、エッジ MetroCluster スイッチからゲートウェイルータまで拡張して、 MetroCluster トラフィックがゲートウェイに到達するようにする必要があります(上の図を参照)。MetroCluster VLAN の VLAN ID は、各サイトで同じである必要があります。ただし、サブネットは異なる場合があります。

RcfFileGenerator ツールで作成した RCF ファイルを使用します。MetroCluster ノードとゲートウェイルータ間のネットワークには、 RCF ファイルで設定した VLAN ID と同じ VLAN ID を使用する必要があります。

IP ルーティングされたネットワークの要件

IP ルーテッドネットワークは、次の要件を満たしている必要があります。