日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

RcfFileGenerator ツールまたは複数の MetroCluster 設定でポートテーブルを使用する

寄稿者 netapp-thomi netapp-martyh netapp-ranuk このページの PDF をダウンロード

RCF ファイルを正しく生成するためには、ポートテーブル内の情報の使用方法を理解しておく必要があります。

表を使用する前に、次の考慮事項を確認してください。

  • 次の表は、サイト A で使用するポートを示していますサイト B でも同じケーブル接続が使用されます

  • 速度が異なるポート( 100Gbps ポートと 40Gbps ポートなど)をスイッチに設定することはできません。

  • MetroCluster ポートグループ( MetroCluster 1 、 MetroCluster 2 など)を追跡します。この情報は、この構成手順で後述するように、 RcfFileGenerator ツールを使用する場合に必要になります。

  • "MetroCluster IP 用の RcfFileGenerator" また、各スイッチのポートごとのケーブル接続の概要についても説明します。ケーブル接続の概要を使用して、ケーブル接続を検証します。

8 ノード MetroCluster 構成のケーブル接続

ONTAP 9.8 以前を実行している MetroCluster 構成でアップグレードを移行する場合、一時的な 8 ノード構成にするには、 2 つ目の 4 ノード DR グループを構成に追加する必要があります。ONTAP 9.9.9..1 以降では、永続的な 8 ノード MetroCluster 構成がサポートされます。

このような構成では、上記と同じ方法を使用します。2 つ目の MetroCluster ではなく、 4 ノードの DR グループを追加でケーブル接続します。

たとえば、次のような構成になります。

  • Cisco 3132Q-V スイッチ

  • MetroCluster 1 : FAS2750 プラットフォーム

  • MetroCluster 2 : AFF A700 プラットフォーム(これらのプラットフォームは 2 つ目の 4 ノード DR グループとして追加)

手順
  1. MetroCluster 1 では、 FAS2750 プラットフォームの表と MetroCluster 1 インターフェイスの行を使用して、 Cisco 3132Q-V スイッチをケーブル接続します。

  2. MetroCluster 2 ( 2 つ目の DR グループ)の場合は、 AFF A700 プラットフォームの表と MetroCluster 2 インターフェイスの行を使用して、 Cisco 3132Q-V スイッチをケーブル接続します。