日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

アレイ LUN を使用するストレッチ MetroCluster 構成の例

寄稿者 ntap-bmegan netapp-jtures netapp-martyh netapp-ranuk netapp-ivanad このページの PDF をダウンロード

アレイ LUN を使用するストレッチ MetroCluster 構成では、 FC-VI ポートをケーブル接続してコントローラどうしを直接接続する必要があります。さらに、各コントローラ HBA ポートを対応する FC スイッチのスイッチポートにケーブル接続する必要があります。アレイ LUN へのケーブル接続は、直接接続できる E シリーズアレイ LUN を除き、ファブリック接続 MetroCluster と同じです。

次の図は、ストレッチ MetroCluster 構成のコントローラ A とコントローラ B 間での FC-VI ポートのケーブル接続を示しています。

FC vi 接続キャンパス
FAS9000 ストレージシステムのコントローラモジュールは、 FC-VI ポートをそれぞれ 4 つ使用します。

E シリーズアレイ LUN を使用する構成の場合は、 E シリーズ LUN を直接接続できます。

この手順の残りの部分は、 FC-VI ポートの接続を除いて、 E シリーズアレイ LUN を使用しない、アレイ LUN を使用する MetroCluster 構成のセットアップのためのものです。これには、ファブリック接続構成でアレイ LUN を使用するのと同じ FC スイッチが必要です。