日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ラックにハードウェアコンポーネントを配置

寄稿者 netapp-ivanad netapp-jtures

納入された機器がキャビネットに設置されていない場合は、コンポーネントをラックに配置する必要があります。

このタスクは両方の MetroCluster サイトで実行する必要があります。

手順
  1. MetroCluster コンポーネントの配置を計画します。

    ラックスペースは、ストレージコントローラのプラットフォームモデル、スイッチのタイプ、構成内のディスクシェルフスタック数によって異なります。

  2. 自身の適切な接地対策を行います

  3. ストレージコントローラをラックまたはキャビネットに設置します。

  4. ディスクシェルフを設置し、電源を投入して、シェルフ ID を設定します。

    • 各ディスクシェルフの電源を再投入する必要があります。

    • 各 MetroCluster DR グループ(両サイトを含む)で、各 SAS ディスクシェルフのシェルフ ID が一意である必要があります。

  5. 各 FC-to-SAS ブリッジを設置します。

    1. 4 本のネジを使用して、ブリッジ前面の「 L 」ブラケットをラックの前面に固定します(フラッシュマウント)。

      ブリッジ「 L 」ブラケットの開口部は、 19 インチ( 482.6 mm )ラックのラック標準 ETA-310-X に準拠しています。

      設置の詳細および図については、ブリッジモデルに対応する _ATTO FibreBridge Installation and Operation Manual を参照してください。

    2. 各ブリッジを、適切なアースを提供する電源に接続します。

    3. 各ブリッジの電源をオンにします。

      注記 耐障害性を最大限にするために、ディスクシェルフの同じスタックに接続されているブリッジをそれぞれ別々の電源に接続する必要があります。

    ブリッジの準備完了を示す LED が点灯し、ブリッジの電源投入時自己診断テストが完了したことを示すまで、 30 秒ほどかかる場合があります。