日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

MetroCluster IP 構成全体の電源をオフにします

寄稿者 netapp-ivanad ntap-bmegan このページの PDF をダウンロード

メンテナンスや再配置を開始する前に、 MetroCluster IP 構成全体とすべての機器の電源をオフにする必要があります。

ONTAP 9.8 以降では 'storage switch *' コマンドは '*system switch' に置き換えられています以下の手順は '*storage switch *' コマンドを示していますが 'ONTAP 9.8 以降を実行している場合は '*system switch *' コマンドを使用することをお勧めします
  1. MetroCluster 構成の両方のサイトから MetroCluster 構成を確認します。

    1. MetroCluster の構成と運用モードが正常な状態であることを確認します。+* MetroCluster show*

    2. 次のコマンドを実行します :+MetroCluster interconnect show

    3. いずれかの MetroCluster ノードで次のコマンドを入力して、ディスクへの接続を確認します。 +*run local sysconfig -v *

    4. 次のコマンドを実行します :+* storage port show *

    5. 次のコマンドを実行します :+* storage switch show *

    6. 次のコマンドを実行します :+* network interface show *

    7. 次のコマンドを実行します :+* network port show *

    8. 次のコマンドを実行します :+* network device-discovery show *

    9. MetroCluster チェック :+* MetroCluster check run* を実行します

    10. MetroCluster チェックの結果を表示します :+* MetroCluster check show*

    11. 次のコマンドを実行します。 +* MetroCluster configurion-settings interface show *

  2. 必要に応じて、 AUSO 障害ドメインをに変更して AUSO を無効にします

    「 * auso-disabled * 」と表示されます

    cluster_A_site_A::*>metrocluster modify -auto-switchover-failure-domain auso-disabled
    MetroCluster IP 構成では、 ONTAP メディエーターが設定されていないかぎり、 AUSO 障害ドメインはすでに「 auso-disabled 」に設定されています。
  3. コマンドを使用して、変更を確認します

    「 * MetroCluster operation show * 」と表示されます

    	cluster_A_site_A::*> metrocluster operation show
           Operation: modify
               State: successful
          Start Time: 4/25/2020 20:20:36
            End Time: 4/25/2020 20:20:36
              Errors: -
  4. ノードを停止します。

    *halt *`

    system node halt -node node1_SiteA -inhibit-takeover true -ignore-quorum-warnings true
  5. サイトで次の機器の電源をオフにします。

    • ストレージコントローラ

    • MetroCluster IP スイッチ

    • ストレージシェルフ

  6. 30 分待ってから、すべてのコントローラの電源をオンにします。

  7. コントローラの電源をオンにしたら、両方のサイトで MetroCluster 構成を確認します。

    設定を確認するには、手順 1 を繰り返します。

  8. 電源再投入チェックを実行します。

    1. すべての同期元 SVM がオンラインであることを確認します。 +* vserver show *

    2. オンラインでない同期元の SVM をすべて起動します。 +* vserver start *