日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

スイッチバックを実行しています

寄稿者

MetroCluster 構成の修復が完了したら、 MetroCluster のスイッチバック処理を実行できます。MetroCluster のスイッチバック処理を実行すると、構成が通常の動作状態に戻ります。ディザスタサイトにある同期元の Storage Virtual Machine ( SVM )がアクティブになり、ローカルディスクプールからデータを提供します。

  • ディザスタクラスタからサバイバークラスタへのスイッチオーバーが正常に完了している必要があります。

  • データアグリゲートとルートアグリゲートに対して修復が実行されている必要があります。

  • サバイバークラスタノードが HA フェイルオーバー状態ではない(各 HA ペアのすべてのノードが稼働中である)必要があります。

  • ディザスタサイトのコントローラモジュールが完全にブートしていること、および HA テイクオーバーモードでないことが必要です。

  • ルートアグリゲートがミラーされている必要があります。

  • スイッチ間リンク( ISL )がオンラインになっている必要があります。

  • 必要なライセンスがシステムにインストールされている必要があります。

    1. すべてのノードが enabled 状態であることを確認します MetroCluster node show

      次の例は、ノードが有効な状態であることを表示します。

      cluster_B::>  metrocluster node show
      
      DR                        Configuration  DR
      Group Cluster Node        State          Mirroring Mode
      ----- ------- ----------- -------------- --------- --------------------
      1     cluster_A
                    node_A_1    configured     enabled   heal roots completed
                    node_A_2    configured     enabled   heal roots completed
            cluster_B
                    node_B_1    configured     enabled   waiting for switchback recovery
                    node_B_2    configured     enabled   waiting for switchback recovery
      4 entries were displayed.
    2. すべての SVM で再同期が完了したことを確認します。「 MetroCluster vserver show 」

    3. 修復処理によって実行される LIF の自動移行が正常に完了したことを確認します。 MetroCluster check lif show

    4. シミュレートされたスイッチバックを実行して、システムが「 MetroCluster switchback -simulate 」状態であることを確認します

    5. 構成を確認します。

      「 MetroCluster check run 」のようになります

      このコマンドはバックグラウンドジョブとして実行され、すぐに完了しない場合があります。

      cluster_A::> metrocluster check run
      The operation has been started and is running in the background. Wait for
      it to complete and run "metrocluster check show" to view the results. To
      check the status of the running metrocluster check operation, use the command,
      "metrocluster operation history show -job-id 2245"
      cluster_A::> metrocluster check show
      Last Checked On: 9/13/2018 20:41:37
      
      Component           Result
      ------------------- ---------
      nodes               ok
      lifs                ok
      config-replication  ok
      aggregates          ok
      clusters            ok
      connections         ok
      6 entries were displayed.
    6. サバイバークラスタ内の任意のノードから MetroCluster switchback コマンドを実行して、スイッチバックを実行します。 MetroCluster switchback

    7. スイッチバック操作の進行状況を確認します MetroCluster show

      出力に waiting-for-switchback と表示された場合は、スイッチバック処理がまだ進行中です。

      cluster_B::> metrocluster show
      Cluster                   Entry Name          State
      ------------------------- ------------------- -----------
       Local: cluster_B         Configuration state configured
                                Mode                switchover
                                AUSO Failure Domain -
      Remote: cluster_A         Configuration state configured
                                Mode                waiting-for-switchback
                                AUSO Failure Domain -

      出力に normal と表示された場合、スイッチバック処理は完了しています。

    cluster_B::> metrocluster show
    Cluster                   Entry Name          State
    ------------------------- ------------------- -----------
     Local: cluster_B         Configuration state configured
                              Mode                normal
                              AUSO Failure Domain -
    Remote: cluster_A         Configuration state configured
                              Mode                normal
                              AUSO Failure Domain -

    + スイッチバックが完了するまでに時間がかかる場合は、「 MetroCluster config-replication resync-status show 」コマンドを使用することで、進行中のベースラインのステータスを確認できます。このコマンドは、 advanced 権限レベルで実行します。

    1. SnapMirror 構成または SnapVault 構成があれば、再確立します。

      ONTAP 8.3 では、失われた SnapMirror 構成を MetroCluster スイッチバック処理のあとに手動で再確立する必要があります。ONTAP 9.0 以降では、関係が自動的に再確立されます。