日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Tiebreaker ソフトウェアの SNMP 設定

寄稿者 NetAppZacharyWambold ntap-bmegan このページの PDF をダウンロード

Tiebreaker ソフトウェアで SNMP を使用するには、 SNMP を設定する必要があります。

  1. Tiebreaker CLI の SNMP 設定ウィザードのコマンドを使用して、 MetroCluster 設定を追加します。

    次の例は、 IP アドレスが 10.222.210.234 、トラップメッセージ用のポート番号が 162 、コミュニティストリングが public に設定された SNMP V1 をサポートする SNMP レシーバの構成を示しています。

    NetApp MetroCluster Tiebreaker :> snmp config wizard
    Enter SNMP Version [V1/V3]: V1
    Enter SNMP Host: 10.222.210.234
    Enter SNMP Port: 162
    Enter SNMP V1 Community: public
    Successfully added SNMP properties to NetApp MetroCluster Tiebreaker software.
    NetApp MetroCluster Tiebreaker :>

    これで、 Tiebreaker ソフトウェアは、指定した SNMP レシーバにトラップを送信することができます。

  2. SNMP 設定が構成されていることを確認します。「 snmp config test 」

    次の例は、 Tiebreaker ソフトウェアがイベント test_snmp_config の SNMP トラップを送信できることを示しています。

    NetApp MetroCluster Tiebreaker :> snmp config test
    Sending SNMP trap to localhost. Version : V1.
    Successfully sent SNMP trap for event TEST_SNMP_CONFIG
    NetApp MetroCluster Tiebreaker :>