日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

MetroCluster IP コントローラの準備

寄稿者 netapp-martyh netapp-ranuk このページの PDF をダウンロード

4 つの新しい MetroCluster IP ノードを準備し、正しいバージョンの ONTAP をインストールする必要があります。

このタスクは新しい各ノードで実行する必要があります。

  • node_A_1 の IP

  • Node_a_2-IP

  • node_B_1 - IP

  • node_B_2 - IP

この手順では、ノードの設定をクリアし、新しいドライブのメールボックスのリージョンをクリアします。

  1. MetroCluster IP 構成用に新しいコントローラをラックに設置します。

    この時点では、 MetroCluster FC ノード( node_A_1 と node_B_1 )のケーブル接続が維持されます。

  2. に示すように、 MetroCluster IP ノードを IP スイッチにケーブル接続します "IP スイッチのケーブル接続"

  3. MetroCluster インストールおよび設定ガイドの以降のセクションを使用して、 MetroCluster IP ノードを設定します。 _

  4. 保守モードから問題 the halt コマンドを実行して保守モードを終了し、 boot_ontap コマンドを問題してシステムをブートしてクラスタセットアップを開始します。

    このとき、クラスタウィザードやノードウィザードを実行しないでください。

  5. 他の MetroCluster IP ノードに対して上記の手順を繰り返します。