日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ONTAP 搭載SUSE Linux Enterprise Server 15 SP4のNVMe-oFホスト構成

寄稿者

サポート性

NVMe over FabricsまたはNVMe-oF(NVMe/FCおよびその他の転送を含む)は、SUSE Linux Enterprise Server 15 SP4(SLES15 SP4)およびANA(非対称ネームスペースアクセス)でサポートされます。ANA は、 NVMe-oF 環境では ALUA に相当し、現在インカーネル NVMe マルチパスで実装されています。SLES15 SP4およびONTAP でANAをターゲットとして使用し、カーネル内NVMeマルチパスでNVMe-oFを有効にする方法について、ここで詳しく説明します。

注記 このコンテンツで提供される設定を使用して、に接続するクラウドクライアントを設定できます "Cloud Volumes ONTAP" および "ONTAP 対応の Amazon FSX"

の機能

  • SLES15 SP4では、NVMe/FCおよびその他の転送がサポートされます。

  • NVMe-oFには「sanlun」のサポートはありません。そのため、SLES15 SP4では、NVMe-oFはLuhuでサポートされていません。代わりに、ネイティブの「nvme-cli」に含まれているNetAppプラグインを使用してもかまいません。これはすべての NVMe-oF 転送で機能します。

  • NVMe と SCSI の両方のトラフィックを、同じ新規のホストで実行することができます。実際、これは一般的に導入されるホスト構成であると想定されています。したがって、SCSIの場合、SCSI LUNでは通常どおり「dm-multipath」を設定してから、mpathデバイスを作成できますが、NVMeマルチパスを使用してホストでNVMe-oFマルチパスデバイスを設定することもできます。

既知の制限

既知の制限事項はありません。

構成要件

を参照してください "NetApp Interoperability Matrix を参照してください" サポートされている構成に関する正確な情報については、を参照

カーネル内の NVMe マルチパスを有効にします

SLES15 SP4などのSLESホストでは、カーネル内NVMeマルチパスはデフォルトで有効になっています。そのため、ここでは追加の設定は必要ありません。を参照してください "NetApp Interoperability Matrix を参照してください" サポートされている構成に関する正確な情報については、を参照

NVMe-oF イニシエータパッケージ

を参照してください "NetApp Interoperability Matrix を参照してください" サポートされている構成に関する正確な情報については、を参照

  • SLES15 SP4 MUホストに、必要なカーネルおよび「nvme-cli」メンテナンスアップデート(MU)パッケージがインストールされていることを確認します。

    # uname -r
    5.14.21-150400.24.11-default
    # rpm -qa|grep nvme-cli
    nvme-cli-2.0-150400.1.6.x86_64

    上記の nvme-cli MU パッケージには、次のものが含まれています。

    • * NVMe/FC 自動接続スクリプト * - ネームスペースへの基盤となるパスがリストアされた場合やホストのリブート中に NVMe/FC 自動接続(再接続)で必要:

      # rpm -ql nvme-cli-1.13-3.3.1.x86_64
           /etc/nvme
           /etc/nvme/discovery.conf
           /etc/nvme/hostid
           /etc/nvme/hostnqn
           /usr/lib/systemd/system/nvmefc-boot-connections.service
           /usr/lib/systemd/system/nvmf-autoconnect.service
           /usr/lib/systemd/system/nvmf-connect.target
      ...
    • * 環境 udev ルール * - 新しい udev ルールで、 NVMe マルチパスラウンドロビンロードバランサのデフォルト ONTAP All ONTAP ネームスペースを確保する。

      # rpm -ql nvme-cli-1.13-3.3.1.x86_64
      /etc/nvme
      /etc/nvme/discovery.conf
      /etc/nvme/hostid
      /etc/nvme/hostnqn
      /usr/lib/systemd/system/nvmefc-boot-connections.service
      /usr/lib/systemd/system/nvmf-autoconnect.service
      /usr/lib/systemd/system/nvmf-connect.target
      /usr/lib/systemd/system/nvmf-connect@.service
      /usr/lib/udev/rules.d/70-nvmf-autoconnect.rules
      /usr/lib/udev/rules.d/71-nvmf-iopolicy-netapp.rules
      ...
      # cat /usr/lib/udev/rules.d/71-nvmf-iopolicy-netapp.rules
      # Enable round-robin for NetApp ONTAP and NetApp E-Series
      ACTION=="add", SUBSYSTEM=="nvme-subsystem", ATTR{model}=="NetApp ONTAP Controller", ATTR{iopolicy}="round-robin"
      ACTION=="add", SUBSYSTEM=="nvme-subsystem", ATTR{model}=="NetApp E-Series", ATTR{iopolicy}="round-robin"
    • * ONTAP デバイス用ネットアッププラグイン * - ONTAP ネームスペースも処理できるように、既存のネットアッププラグインが変更されました。

  • ホストの/etc/nvme/hostnqn’でhostnqn’文字列を確認し、ONTAP アレイの対応するサブシステムのhostnqn’文字列と適切に一致していることを確認します例:

    # cat /etc/nvme/hostnqn
    nqn.2014-08.org.nvmexpress:uuid:60c23e12-15f4-11e5-a5ca-98be942448b2
    ::> vserver nvme subsystem host show -vserver vs_fcnvme_145
    Vserver     Subsystem      Host NQN
    -------     ---------      ----------------------------------
    vs_nvme_145 nvme_145_1 nqn.2014-08.org.nvmexpress:uuid:c7b07b16-a22e-41a6-a1fd-cf8262c8713f
                nvme_145_2 nqn.2014-08.org.nvmexpress:uuid:c7b07b16-a22e-41a6-a1fd-cf8262c8713f
                nvme_145_3 nqn.2014-08.org.nvmexpress:uuid:c7b07b16-a22e-41a6-a1fd-cf8262c8713f
                nvme_145_4 nqn.2014-08.org.nvmexpress:uuid:c7b07b16-a22e-41a6-a1fd-cf8262c8713f
                nvme_145_5 nqn.2014-08.org.nvmexpress:uuid:c7b07b16-a22e-41a6-a1fd-cf8262c8713f
    5 entries were displayed.

ホストで使用しているFCアダプタに応じて、次の手順を実行します。

NVMe/FC を設定

Broadcom / Emulex

手順
  1. 推奨されるアダプタとファームウェアのバージョンが揃っていることを確認します。例:

    # cat /sys/class/scsi_host/host*/modelname
    LPe32002-M2
    LPe32002-M2
    # cat /sys/class/scsi_host/host*/modeldesc
    Emulex LightPulse LPe32002-M2 2-Port 32Gb Fibre Channel Adapter
    Emulex LightPulse LPe32002-M2 2-Port 32Gb Fibre Channel Adapter
    # cat /sys/class/scsi_host/host*/fwrev
    14.0.505.11, sli-4:2:c
    14.0.505.11, sli-4:2:c

    新しいlpfcドライバ(受信トレイと送信ボックスの両方)には’lpfc_enable_fc4_type`のデフォルトが3に設定されているため'/etc/modprobe.d/lpfc.confでこれを明示的に設定しなくても’initrd’を再作成できますlpfc nvme のサポートは ' デフォルトですでに有効になっています

    # cat /sys/module/lpfc/parameters/lpfc_enable_fc4_type
    3

    既存のネイティブインボックス lpfc ドライバは、 NVMe / FC に対応した最新のバージョンです。したがって、lpfc Out of Box(OOB)ドライバをインストールする必要はありません。

    # cat /sys/module/lpfc/version
            0:14.2.0.4
  2. イニシエータポートが動作していることを確認します。

    # cat /sys/class/fc_host/host*/port_name
    0x100000109b579d5e
    0x100000109b579d5f
    # cat /sys/class/fc_host/host*/port_state
    Online
    Online
  3. NVMe/FC イニシエータポートが有効になっていることと、ターゲットポートが認識され、すべて稼働していることを確認してください。次の例では、の出力からわかるように、有効になっているイニシエータポートが1つだけあり、2つのターゲットLIFで接続されています。

    # cat /sys/class/scsi_host/host*/nvme_info
    NVME Initiator Enabled
    XRI Dist lpfc0 Total 6144 IO 5894 ELS 250
    NVME LPORT lpfc0 WWPN x10000090fac7fe48 WWNN x20000090fac7fe48 DID x022700 ONLINE
    NVME RPORT       WWPN x209dd039ea16c28f WWNN x209cd039ea16c28f DID x020f0e TARGET DISCSRVC ONLINE
    
    NVME Statistics
    LS: Xmt 00000003e2 Cmpl 00000003e2 Abort 00000000
    LS XMIT: Err 00000000  CMPL: xb 00000000 Err 00000000
    Total FCP Cmpl 00000000000f36cd Issue 00000000000f36ce OutIO 0000000000000001
            abort 00000000 noxri 00000000 nondlp 00000000 qdepth 00000000 wqerr 00000000 err 00000000
    FCP CMPL: xb 000000bc Err 000001d8
    
    NVME Initiator Enabled
    XRI Dist lpfc1 Total 6144 IO 5894 ELS 250
    NVME LPORT lpfc1 WWPN x10000090fac7fe49 WWNN x20000090fac7fe49 DID x022d00 ONLINE
    NVME RPORT       WWPN x20a0d039ea16c28f WWNN x209cd039ea16c28f DID x02010f TARGET DISCSRVC ONLINE
    NVME RPORT       WWPN x209ed039ea16c28f WWNN x209cd039ea16c28f DID x020d0f TARGET DISCSRVC ONLINE
    
    NVME Statistics
    LS: Xmt 000000056a Cmpl 000000056a Abort 00000000
    LS XMIT: Err 00000000  CMPL: xb 00000000 Err 00000000
    Total FCP Cmpl 000000000010af3e Issue 000000000010af40 OutIO 0000000000000002
            abort 00000000 noxri 00000000 nondlp 00000000 qdepth 00000000 wqerr 00000000 err 00000000
    FCP CMPL: xb 00000102 Err 0000028e
    3
  4. ホストをリブートします。

1MB I/O サイズを有効にする(オプション)

ONTAP は Identify コントローラデータに MDT ( MAX Data 転送サイズ) 8 を報告します。つまり、最大 I/O 要求サイズは最大 1 MB でなければなりません。ただし 'Broadcom NVMe/FC ホストのサイズが 1 MB の問題 I/O 要求の場合 'lpfc パラメータ 'lpfc_sg_seg_cnt' もデフォルト値の 64 から 256 までバンピングする必要があります次の手順を使用して実行します。

手順
  1. それぞれの「 m odprobe lpfc.conf 」ファイルに値 256 を追加します。

    # cat /etc/modprobe.d/lpfc.conf
    options lpfc lpfc_sg_seg_cnt=256
  2. dracut -fコマンドを実行し、ホストをリブートします。

  3. 再起動後、対応する sysfs 値を確認して、上記の設定が適用されていることを確認します。

    # cat /sys/module/lpfc/parameters/lpfc_sg_seg_cnt
    256

これで、 Broadcom NVMe/FC ホストは ONTAP ネームスペースデバイスに 1MB の I/O 要求を送信できるようになります。

Marvell/QLogic

新しいSLES15 SP4 MUカーネルに含まれているネイティブインボックスqla2xxxドライバには、ONTAP サポートに不可欠な最新のアップストリーム修正が含まれています。

手順
  1. サポートされているアダプタドライバとファームウェアのバージョンが実行されていることを確認します。次に例を示します。

    # cat /sys/class/fc_host/host*/symbolic_name
    QLE2742 FW:v9.08.02 DVR:v10.02.07.800-k
    QLE2742 FW:v9.08.02 DVR:v10.02.07.800-k
  2. Marvell アダプタが NVMe/FC イニシエータとして機能できるように、「 ql2xnvmeenable 」が設定されていることを確認します。

    # cat /sys/module/qla2xxx/parameters/ql2xnvmeenable
    1

NVMe/FC を設定

NVMe/FC とは異なり、 NVMe/FC は自動接続機能を備えていません。これにより、 Linux NVMe/FC ホストには次の 2 つの大きな制限があります。

  • パスが復活したあとの自動再接続が行われないNVMe/FCは’パスがダウンしてから10分経過したデフォルトのCtrl-loss -TMO’タイマーを超えたパスに自動的に再接続することはできません

  • ホストのブート時に自動接続を行わないNVMe/FCは、ホストのブート時にも自動的に接続できません。

タイムアウトを防ぐには、フェイルオーバーイベントの再試行期間を30分以上に設定する必要があります。Ctrl_loss _TMOタイマーの値を大きくすると、再試行期間を延長できます。詳細は次のとおりです。

手順
  1. サポートされている NVMe/FC LIF の検出ログページデータをイニシエータポートが読み込めたかどうかを確認します。

    # nvme discover -t tcp -w 192.168.1.8 -a 192.168.1.51
    Discovery Log Number of Records 10, Generation counter 119
    =====Discovery Log Entry 0======
    trtype: tcp
    adrfam: ipv4
    subtype: nvme subsystem
    treq: not specified
    portid: 0
    trsvcid: 4420
    subnqn: nqn.1992-08.com.netapp:sn.56e362e9bb4f11ebbaded039ea165abc:subsystem.nvme_118_tcp_1
    traddr: 192.168.2.56
    sectype: none
    =====Discovery Log Entry 1======
    trtype: tcp
    adrfam: ipv4
    subtype: nvme subsystem
    treq: not specified
    portid: 1
    trsvcid: 4420
    subnqn: nqn.1992-08.com.netapp:sn.56e362e9bb4f11ebbaded039ea165abc:subsystem.nvme_118_tcp_1
    traddr: 192.168.1.51
    sectype: none
    =====Discovery Log Entry 2======
    trtype: tcp
    adrfam: ipv4
    subtype: nvme subsystem
    treq: not specified
    portid: 0
    trsvcid: 4420
    subnqn: nqn.1992-08.com.netapp:sn.56e362e9bb4f11ebbaded039ea165abc:subsystem.nvme_118_tcp_2
    traddr: 192.168.2.56
    sectype: none
    ...
  2. 他の NVMe/FC イニシエータターゲット LIF のコンボファイルが検出ログページデータを正常に取得できることを確認します。例:

    # nvme discover -t tcp -w 192.168.1.8 -a 192.168.1.52
    # nvme discover -t tcp -w 192.168.2.9 -a 192.168.2.56
    # nvme discover -t tcp -w 192.168.2.9 -a 192.168.2.57
  3. を実行します nvme connect-all ノード間でサポートされるすべてのNVMe/FCイニシエータターゲットLIFに対して実行するコマンド。設定時間が長いことを確認してください ctrl_loss_tmo の実行中のタイマー再試行期間(30分、-l 1800で設定可能) connect-all これにより、パス障害が発生した場合に再試行を長時間にわたって行うことができます。例:

    # nvme connect-all -t tcp -w 192.168.1.8 -a 192.168.1.51 -l 1800
    # nvme connect-all -t tcp -w 192.168.1.8 -a 192.168.1.52 -l 1800
    # nvme connect-all -t tcp -w 192.168.2.9 -a 192.168.2.56 -l 1800
    # nvme connect-all -t tcp -w 192.168.2.9 -a 192.168.2.57 -l 1800

NVMe-oF を検証します

手順
  1. 次のチェックボックスをオンにして、カーネル内の NVMe マルチパスが実際に有効になっていることを確認

    # cat /sys/module/nvme_core/parameters/multipath
    Y
  2. 該当するONTAP ネームスペースの該当するNVMe-oF設定(NetApp ONTAP コントローラに設定したモデル、ラウンドロビンに設定したロードバランシングポリシーなど)がホストに正しく反映されていることを確認します。

    # cat /sys/class/nvme-subsystem/nvme-subsys*/model
    NetApp ONTAP Controller
    
    # cat /sys/class/nvme-subsystem/nvme-subsys*/iopolicy
    round-robin
  3. ONTAP ネームスペースがホストに正しく反映されていることを確認します。例:

    # nvme list
    Node           SN                    Model                   Namespace
    ------------   --------------------- ---------------------------------
    /dev/nvme0n1   81CZ5BQuUNfGAAAAAAAB  NetApp ONTAP Controller   1
    
    Usage                Format         FW Rev
    -------------------  -----------    --------
    85.90 GB / 85.90 GB  4 KiB + 0 B    FFFFFFFF

    例(A):

    # nvme list
    Node           SN                    Model                   Namespace
    ------------   --------------------- ---------------------------------
    /dev/nvme0n1   81CYrBQuTHQFAAAAAAAC  NetApp ONTAP Controller   1
    
    Usage                Format         FW Rev
    -------------------  -----------    --------
    85.90 GB / 85.90 GB  4 KiB + 0 B    FFFFFFFF
  4. 各パスのコントローラの状態がライブで、適切な ANA ステータスであることを確認します。例:

    # nvme list-subsys /dev/nvme1n1
    nvme-subsys1 - NQN=nqn.1992-08.com.netapp:sn.04ba0732530911ea8e8300a098dfdd91:subsystem.nvme_145_1
    \
    +- nvme2 fc traddr=nn-0x208100a098dfdd91:pn-0x208200a098dfdd91 host_traddr=nn-0x200000109b579d5f:pn-0x100000109b579d5f live non-optimized
    +- nvme3 fc traddr=nn-0x208100a098dfdd91:pn-0x208500a098dfdd91 host_traddr=nn-0x200000109b579d5e:pn-0x100000109b579d5e live non-optimized
    +- nvme4 fc traddr=nn-0x208100a098dfdd91:pn-0x208400a098dfdd91 host_traddr=nn-0x200000109b579d5e:pn-0x100000109b579d5e live optimized
    +- nvme6 fc traddr=nn-0x208100a098dfdd91:pn-0x208300a098dfdd91 host_traddr=nn-0x200000109b579d5f:pn-0x100000109b579d5f live optimized

    例(A):

    #nvme list-subsys /dev/nvme0n1
    nvme-subsys0 - NQN=nqn.1992-08.com.netapp:sn.37ba7d9cbfba11eba35dd039ea165514:subsystem.nvme_114_tcp_1
    \
    +- nvme0 tcp traddr=192.168.2.36 trsvcid=4420 host_traddr=192.168.1.4 live optimized
    +- nvme1 tcp traddr=192.168.1.31 trsvcid=4420 host_traddr=192.168.1.4 live optimized
    +- nvme10 tcp traddr=192.168.2.37 trsvcid=4420 host_traddr=192.168.1.4 live non-optimized
    +- nvme11 tcp traddr=192.168.1.32 trsvcid=4420 host_traddr=192.168.1.4 live non-optimized
    +- nvme20 tcp traddr=192.168.2.36 trsvcid=4420 host_traddr=192.168.2.5 live optimized
    +- nvme21 tcp traddr=192.168.1.31 trsvcid=4420 host_traddr=192.168.2.5 live optimized
    +- nvme30 tcp traddr=192.168.2.37 trsvcid=4420 host_traddr=192.168.2.5 live non-optimized
    +- nvme31 tcp traddr=192.168.1.32 trsvcid=4420 host_traddr=192.168.2.5 live non-optimized
  5. ネットアッププラグインに ONTAP ネームスペースデバイスごとに適切な値が表示されていることを確認します。例:

    # nvme netapp ontapdevices -o column
    Device       Vserver          Namespace Path
    ---------    -------          --------------------------------------------------
    /dev/nvme1n1 vserver_fcnvme_145 /vol/fcnvme_145_vol_1_0_0/fcnvme_145_ns
    
    NSID  UUID                                   Size
    ----  ------------------------------         ------
    1      23766b68-e261-444e-b378-2e84dbe0e5e1  85.90GB
    
    
    # nvme netapp ontapdevices -o json
    {
    "ONTAPdevices" : [
         {
           "Device" : "/dev/nvme1n1",
           "Vserver" : "vserver_fcnvme_145",
           "Namespace_Path" : "/vol/fcnvme_145_vol_1_0_0/fcnvme_145_ns",
           "NSID" : 1,
           "UUID" : "23766b68-e261-444e-b378-2e84dbe0e5e1",
           "Size" : "85.90GB",
           "LBA_Data_Size" : 4096,
           "Namespace_Size" : 20971520
         }
      ]
    }

    例(A):

    # nvme netapp ontapdevices -o column
    Device       Vserver          Namespace Path
    ---------    -------          --------------------------------------------------
    /dev/nvme0n1 vs_tcp_114       /vol/tcpnvme_114_1_0_1/tcpnvme_114_ns
    
    NSID  UUID                                   Size
    ----  ------------------------------         ------
    1      a6aee036-e12f-4b07-8e79-4d38a9165686  85.90GB
# nvme netapp ontapdevices -o json
{
     "ONTAPdevices" : [
     {
          "Device" : "/dev/nvme0n1",
           "Vserver" : "vs_tcp_114",
          "Namespace_Path" : "/vol/tcpnvme_114_1_0_1/tcpnvme_114_ns",
          "NSID" : 1,
          "UUID" : "a6aee036-e12f-4b07-8e79-4d38a9165686",
          "Size" : "85.90GB",
          "LBA_Data_Size" : 4096,
          "Namespace_Size" : 20971520
       }
  ]

}

トラブルシューティング

lpfc 詳細ログ

  1. lpfc_log_verbose ドライバの設定を次のいずれかの値に設定して 'NVMe/FC イベントをログに記録できます

    #define LOG_NVME 0x00100000 /* NVME general events. */
    #define LOG_NVME_DISC 0x00200000 /* NVME Discovery/Connect events. */
    #define LOG_NVME_ABTS 0x00400000 /* NVME ABTS events. */
    #define LOG_NVME_IOERR 0x00800000 /* NVME IO Error events. */
  2. これらの値のいずれかを設定したら、「 racut-f 」を実行してホストを再起動します。

  3. リブート後、設定を確認します。

    # cat /etc/modprobe.d/lpfc.conf
    options lpfc lpfc_log_verbose=0xf00083
    
    # cat /sys/module/lpfc/parameters/lpfc_log_verbose
    15728771

qla2xxx 詳細ログ

lpfc ドライバの場合と同様の、 NVMe/FC 用の qla2xxx ログ機能はありません。したがって、次の手順を使用して一般的な qla2xxx ログレベルを設定できます。

  1. 対応する「 m odprobe qla2xxx conf 」ファイルに「 ql2xextended_error_logging=0x1e400000 」の値を追加します。

  2. 「 d racut-f 」コマンドを実行して「 initramfs 」を再作成し、ホストを再起動します。

  3. リブート後、次のように詳細ログが適用されていることを確認します。

    # cat /etc/modprobe.d/qla2xxx.conf
    options qla2xxx ql2xnvmeenable=1 ql2xextended_error_logging=0x1e400000
    # cat /sys/module/qla2xxx/parameters/ql2xextended_error_logging
    507510784

一般的な nvme-CLI エラーとその回避策があります

NVMe 検出、 NVMe 接続、または NVMe 接続の際に「 nvme-cli 」で表示されるエラーとその回避策を次の表に示します。

エラーは 'nvme-cli' によって表示されます 原因と考えられます 回避策

'/dev/nvme-Fabrics への書き込みに失敗しました : 引数が無効です

構文が正しくありません

必ず正しい構文を使用してください。

'/dev/nvme-Fabrics への書き込みに失敗しました : このようなファイルまたはディレクトリはありません

複数の問題が原因でこのエラーが発生する可能性NVMe コマンドに誤った引数を渡すことが、一般的な原因の 1 つです。

  • コマンドに正しい引数(正しい WWNN 文字列、 WWPN 文字列など)を渡したことを確認してください。

  • 引数が正しいにもかかわらずこのエラーが表示される場合は、「 /sys/class/scsi_host*/nvme_info 」の出力が正しいかどうか、 NVMe イニシエータが「 enabled 」と表示されているか、 NVMe/FC ターゲット LIF がリモートポートのセクションに正しく表示されているかどうかを確認してください。例

    # cat /sys/class/scsi_host/host*/nvme_info
    NVME Initiator Enabled
    NVME LPORT lpfc0 WWPN x10000090fae0ec9d WWNN x20000090fae0ec9d DID x012000 ONLINE
    NVME RPORT WWPN x200b00a098c80f09 WWNN x200a00a098c80f09 DID x010601 TARGET DISCSRVC ONLINE
    NVME Statistics
    LS: Xmt 0000000000000006 Cmpl 0000000000000006
    FCP: Rd 0000000000000071 Wr 0000000000000005 IO 0000000000000031
    Cmpl 00000000000000a6 Outstanding 0000000000000001
    NVME Initiator Enabled
    NVME LPORT lpfc1 WWPN x10000090fae0ec9e WWNN x20000090fae0ec9e DID x012400 ONLINE
    NVME RPORT WWPN x200900a098c80f09 WWNN x200800a098c80f09 DID x010301 TARGET DISCSRVC ONLINE
    NVME Statistics
    LS: Xmt 0000000000000006 Cmpl 0000000000000006
    FCP: Rd 0000000000000073 Wr 0000000000000005 IO 0000000000000031
    Cmpl 00000000000000a8 Outstanding 0000000000000001`
  • 出力「nvme_info」に上記のようにターゲットLIFが表示されない場合は、「/var/log/messages」と「dmesges`の出力で、疑わしいNVMe/FCエラーがないかどうかを確認し、それに応じて報告または修正してください。

' 取得する検出ログエントリがありません

一般に、「 /etc/nvme/hostnqn 」文字列がネットアップアレイの対応するサブシステムに追加されていないか、不正な hostnqn 文字列が各サブシステムに追加されています。

正確な「 /etc/nvme/hostnqn 」文字列がネットアップアレイの対応するサブシステムに追加されていることを確認します(「 vserver nvme subsystem host show 」コマンドで確認します)。

'/dev/nvme-Fabrics への書き込みに失敗しました:オペレーションはすでに進行中です

コントローラの関連付けまたは指定された処理がすでに作成されているか、または作成中であるかを示します。これは、上記にインストールされている自動接続スクリプトの一部として発生する可能性があります。

なしNVMe 検出を実行するには、しばらくしてからこのコマンドを実行してください。nvme connect および connect-all の場合は 'nvme list コマンドを実行して ' ネームスペースデバイスがすでに作成され ' ホストに表示されていることを確認します

テクニカルサポートへの連絡のタイミング

問題が解決しない場合は、次のファイルとコマンドの出力を収集し、テクニカルサポートに問い合わせてトリアージを依頼してください。

cat /sys/class/scsi_host/host*/nvme_info
/var/log/messages
dmesg
nvme discover output as in:
nvme discover --transport=fc --traddr=nn-0x200a00a098c80f09:pn-0x200b00a098c80f09 --host-traddr=nn-0x20000090fae0ec9d:pn-0x10000090fae0ec9d
nvme list
nvme list-subsys /dev/nvmeXnY