日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

本番環境用の購入ライセンス

寄稿者

ONTAP Select が組織に適していることを確認したら、本番環境の導入に必要なライセンスを購入できます。各環境の容量階層または容量プールのライセンスモデルとストレージ容量を選択する必要があります。

一般的なライセンス特性

容量階層と容量プールライセンスのモデルは、いくつかの点で大きく異なります。ただし、 2 つのライセンスモデルには次のような共通の特徴があります。

  • 本番環境に ONTAP Select を導入する場合は、必要に応じて 1 つ以上のライセンスを購入する必要があります。

  • ライセンスのストレージ容量は、 1TB 単位で割り当てられます。

  • ストレージ容量は物理容量を示し、 ONTAP Select 仮想マシンで使用可能なデータディスクの合計許容サイズに対応します。

  • すべてのプラットフォームライセンスサービスがサポートされています( Standard 、 Premium 、 Premium XL )。

  • 必要なライセンスの取得時は、必要に応じてネットアップのアカウントチームまたはパートナーにお問い合わせください。

  • ライセンスファイルを Deploy の管理ユーティリティにアップロードする必要があります。これにより、ライセンスモデルに基づいてライセンスが適用されます。

  • ライセンスのインストールと適用が完了したら、ネットアップのアカウントチームまたはパートナーに連絡して更新したライセンスを調達し、容量を追加することができます。

  • HA ペア内の両方のノードのストレージ容量とライセンス容量は同じであることが必要です。

  • 最初に購入ライセンスを使用して導入した ONTAP Select ノードを評価用ライセンスに変換することはできません。

容量階層のライセンスモデル

容量階層のライセンスモデルには、次のような特徴があります。

  • ONTAP Select ノードごとにライセンスを購入する必要があります。

  • 購入可能な最小容量は 1TB です。

  • 各大容量階層ライセンスにはストレージ容量が含まれており、特定のノードにロックされています。

  • ネットアップが各 ONTAP Select ノードに対して 9 桁のライセンスシリアル番号を生成します。

  • ノードに割り当てられたストレージは永続的なものです(更新は不要)。

  • ノードのシリアル番号は 9 桁で、ライセンスのシリアル番号と同じです。

  • ライセンスファイルは、クラスタの導入時、またはクラスタの作成後 30 日以内に適用できます。

容量プールのライセンスモデル

容量プールのライセンスモデルには、次のような特徴があります。

  • 共有容量プールごとにライセンスを購入する必要があります。

  • 購入可能な最小容量は 2TB です。

  • 各容量プールライセンスにはストレージ容量があり、特定の License Manager インスタンスにロックされています。

  • ネットアップは、容量プールごとに 9 桁のライセンスシリアル番号を生成します。

  • 容量プールに割り当てられたストレージは、購入時に一定期間のみ有効です(更新が必要)。

  • ノードのシリアル番号は 20 桁で、容量プールライセンスのシリアル番号に基づいて License Manager によって生成されます。

  • 各ノードは、ローカルデータアグリゲートのストレージ容量を共有容量プールから自動的にリースします。

容量プールのライセンスモデルの詳細については、 Capacity pools licensing model を参照してください。