日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

データトラフィックと管理トラフィックの分離

寄稿者

データトラフィックと管理トラフィックを別々のレイヤ 2 ネットワークに分離します。

ONTAP Select の外部ネットワークトラフィックは、データトラフィック( CIFS 、 NFS 、 iSCSI )、管理トラフィック、およびレプリケーショントラフィック( SnapMirror )の 3 つに分類されます。ONTAP クラスタ内では、それぞれのトラフィック形式が別々の論理インターフェイスを使用しますが、これらのインターフェイスを仮想ネットワークポートでホストする必要があります。マルチノード構成の ONTAP Select では、これらはポート e0a および e0b/e0g として指定されます。シングルノード構成では、これらは e0a および e0b/e0c として指定され、残りのポートは内部クラスタサービス用に予約されます。

データトラフィックと管理トラフィックは、別々のレイヤ 2 ネットワークに分離することを推奨します。ONTAP Select 環境では VLAN タグを使用して分離します。具体的には、管理トラフィック用に、 VLAN タグ付きポートグループをネットワークアダプタ 1 (ポート e0a )に割り当てます。次に、データトラフィック用に、別のポートグループをポート e0b と e0c (シングルノードクラスタ)、および e0b と e0g (マルチノードクラスタ)に割り当てます。

このドキュメントで前述した VST 解決策 では不十分な場合は、データ LIF と管理 LIF の両方を同じ仮想ポートに配置することが必要になる場合があります。そのためには、 VM が VLAN タギングを実行する、 VGT と呼ばれるプロセスを使用します。

注記 ONTAP Deploy ユーティリティを使用する場合は、 VGT でデータネットワークと管理ネットワークを分離することができません。このプロセスはクラスタのセットアップの完了後に実行する必要があります。

VGT と 2 ノードクラスタを使用する場合は、さらに注意が必要です。2 ノードクラスタ構成では、ノード管理 IP アドレスを使用して、 ONTAP が完全に使用可能になる前にメディエーターへの接続を確立します。したがって、ノード管理 LIF (ポート e0a )にマッピングされたポートグループでは、 EST タギングと VST タギングのみがサポートされます。さらに、管理トラフィックとデータトラフィックの両方が同じポートグループを使用している場合、 2 ノードクラスタ全体でサポートされるのは、 EST と VST だけです。

VST と VGT のどちらの構成オプションもサポートされます。次の図は VST のシナリオを示しており、トラフィックは割り当てられたポートグループを使用して vSwitch レイヤでタグ付けされます。この構成では、クラスタとノードの管理 LIF が ONTAP ポート e0a に割り当てられ、割り当てられたポートグループを通じて VLAN ID 10 でタグ付けされます。データ LIF は、ポート e0b および e0c または e0g のいずれかに割り当てられ、 2 番目のポートグループを使用して VLAN ID 20 が付与されます。クラスタポートは 3 番目のポートグループを使用し、 VLAN ID 30 が付与されます。

  • VST によるデータと管理の分離 *

VST を使用したデータと管理の分離

次の図は 2 つ目の VGT のシナリオを示しており、 ONTAP VM が別々のブロードキャストドメインに配置されている VLAN ポートを使用してトラフィックをタグ付けします。この例では、仮想ポート e0a-10 / e0b-10 / ( e0c または e0g ) -10 および e0a-20 / e0b-20 が VM ポート e0a と e0b の上に配置されています。この構成では、 vSwitch レイヤではなく ONTAP 内で直接ネットワークをタグ付けすることが可能です。管理 LIF とデータ LIF はこれらの仮想ポートに配置されているため、 1 つの VM ポート内でレイヤ 2 をさらに分離できるようになっています。クラスタ VLAN ( VLAN ID 30 )は引き続きポートグループでタグ付けされます。

  • 注: *

  • この構成は、複数の IPspace を使用する場合に特に適しています。さらに細かな論理的な分離とマルチテナンシーが必要である場合は、 VLAN ポートを別々のカスタム IPspace にグループ化してください。

  • VGT をサポートするため、物理スイッチのトランクポートに ESXi / ESX ホストネットワークアダプタを接続する必要があります。仮想スイッチに接続されたポートグループでトランキングを有効にするには、 VLAN ID を 4095 に設定する必要があります。

  • VGT を使用したデータと管理の分離 *

VGT を使用したデータと管理の分離