日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

サポートされるネットワーク構成

寄稿者

最適なハードウェアを選択し、パフォーマンスと耐障害性を最適化するようにネットワークを設定します。

サーバベンダーは、お客様にさまざまなニーズがあり、選択の自由が重要であることを理解しています。そのため、物理サーバを購入する際には、ネットワーク接続を決定する際に使用できるオプションが多数あります。ほとんどのコモディティシステムでは NIC についてさまざまな選択肢が用意されており、速度とスループットの多様な組み合わせの中から、シングルポートとマルチポートのオプションを選択できます。ONTAP Select 9.8 以降では、 VMware ESX で 25Gb/s および 40Gb/s NIC アダプタがサポートされます。

ONTAP Select VM のパフォーマンスは基盤のハードウェアの特性に直接左右されるため、高速の NIC を選択して VM へのスループットを高めると、クラスタのパフォーマンスと全体的なユーザエクスペリエンスが向上します。4 つの 10Gb NIC または 2 つの高速 NIC ( 25/40Gb/ 秒)を使用すると、ハイパフォーマンスなネットワークレイアウトを実現できます。他にも、サポートされる構成がいくつかあります。2 ノードクラスタの場合は、 4 × 1Gb ポートまたは 1 × 10Gb ポートがサポートされます。シングルノードクラスタの場合は、 2 × 1Gb ポートがサポートされます。

クラスタのサイズに基づいて、サポートされるイーサネット構成がいくつかあります。

クラスタサイズ

最小要件

推奨事項

シングルノードクラスタ

1GbE×2

10GbE × 2

2ノードクラスタまたはMetroCluster SDS

1GbE×4または10GbE×1

10GbE × 2

4 / 6 / 8ノードクラスタ

10GbE × 2

10GbE×4、または25/40GbE×2

十分なハードウェアを使用できる場合は、次の図に示すマルチスイッチ構成を推奨します。これは、物理スイッチの障害からの保護を強化するためです。

複数の物理スイッチを使用するネットワーク構成