日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

MetroCluster SDS の導入準備をしています

寄稿者

MetroCluster SDS は、 2 ノード ONTAP Select クラスタを作成する際の構成オプションです。Remote Office / Branch Office ( ROBO ;リモートオフィス / ブランチオフィス)環境と似ていますが、 2 つのノード間の距離は最大で 10 km までです強化された 2 ノード環境では、さらにユースケースシナリオが追加されています。MetroCluster SDS の導入準備の一環として、要件と制限事項を理解しておく必要があります。

MetroCluster SDS を導入する前に、次の要件を満たしていることを確認する必要があります。

各ノードに Premium 以上の ONTAP Select ライセンスが必要です。

MetroCluster SDS は、 ROBO 環境内の 2 ノードクラスタでのサポートに応じて、同じ VMware ESXi ハイパーバイザーと KVM ハイパーバイザーに導入できます。KVMはONTAP Select 9.10.1以降のリリースではサポートされなくなりました。

参加サイト間にはレイヤ 2 接続が必要です。10GbE と 1GbE の両方がサポートされ、以下の構成が含まれます。

  • 10GbE × 1

  • 1GbE × 4

注記 データ提供ポートとインターコネクトポートは、最初に同じスイッチに接続する必要があります。

2 つのノード間のネットワークは、 5 ミリ秒の平均レイテンシと 5 ミリ秒の周期ジッターをサポートしている必要があります。クラスタを導入する前に、に記載されている手順 を使用してネットワークをテストする必要があります "ネットワーキングの詳細" セクション。

すべての 2 ノード ONTAP Select クラスタと同様に、 Deploy 仮想マシンには独立したメディエーターサービスが用意されており、このサービスによってノードが監視され、障害の管理を支援します。MetroCluster SDS で利用可能な拡張距離により、ネットワークトポロジ内に 3 つの異なるサイトが作成されます。メディエーターとノードの間のリンクでのレイテンシは、ラウンドトリップ時間が 125 ミリ秒以下である必要があります。

直接接続型ストレージ( DAS )は、 HDD ディスクと SSD ディスクのどちらかを使用する構成でサポートされます。vNAS は、 VMware 環境での外付けストレージアレイや VSAN などもサポートされます。

注記 MetroCluster SDS を導入する場合、分散トポロジまたは「拡張」トポロジで VSAN を使用することはできません。

Deploy 管理ユーティリティに静的 IP アドレスを割り当てる必要があります。この要件は、 1 つ以上の ONTAP Select 2 ノードクラスタを管理する環境 All Deploy インスタンスです。