日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ネットワークに関する考慮事項

寄稿者

ONTAP Select を導入する前に、ハイパーバイザーのネットワークを正しく設定する必要があります。

仮想スイッチのオプション

各 ONTAP Select ホストで、外部ネットワークと内部ネットワーク(マルチノードクラスタの場合のみ)をサポートするように仮想スイッチを設定する必要があります。マルチノードクラスタの導入の一環として、内部クラスタネットワーク上のネットワーク接続をテストしてください。

注記 ハイパーバイザーホストで vSwitch を設定する方法と、高速インターフェイス機能の詳細については、を参照してください "ネットワーキングの詳細" セクション。

VMXNET3 へのアップグレード

Deploy 2.10 を使用した ONTAP Select 9.5 以降では、 VMware ESXi での新しいクラスタの導入に付属するデフォルトのネットワークドライバとして VMXNET3 が用意されています。既存の ONTAP Select ノードをバージョン 9.5 以降にアップグレードした場合、ドライバは自動的にアップグレードされません。

注記 現時点では、 VMXNET3 へのアップグレードは必要ありません。ただし、ドライバのアップグレードを選択した場合は、手動でアップグレードを実行する必要があります。この場合は、ネットアップサポートにお問い合わせください。

クラスタ MTU

マルチノードクラスタの ONTAP Select ノードの接続には、別の内部ネットワークが使用されます。通常、このネットワークの MTU サイズは 9000 です。ただし、 ONTAP Select ノードを接続するネットワークの MTU サイズが大きすぎる場合もあります。小さいフレームに対応するために、内部ネットワーク上の ONTAP Select で使用される MTU サイズは 7500~9000 バイトの範囲で指定できます。

MTU サイズは、クラスタ作成ページの「 Cluster Details 」セクションに表示されます。この値は、 Deploy 管理ユーティリティで次のように決定されます。

  1. 初期デフォルト値は 9000 です。

  2. HA ペアのホストとネットワークを追加すると、ネットワーク内の vSwitch の構成に基づいて、必要に応じて MTU 値が減ります。

  3. すべての HA ペアを追加してクラスタを作成できる状態になると、クラスタの最終的なクラスタ MTU 値が設定されます。

注記 ネットワークの設計に基づいて、必要に応じてクラスタの MTU 値を手動で設定できます。

標準 vSwitch 搭載の 2NIC ホスト

2NIC 構成で ONTAP Select のパフォーマンスを向上させるには、 2 つのポートグループを使用して内部と外部のネットワークトラフィックを分離する必要があります。この推奨構成では、次のような特定の構成が環境 に推奨

  • ONTAP Select マルチノードクラスタ

  • NIC 2 枚( NIC 1 および NIC 2 )

  • 標準 vSwitch

この環境では、次のように 2 つのポートグループを使用してトラフィックを設定する必要があります。

ポートグループ 1
  • 内部ネットワーク(クラスタ、 RSM 、 HA-IC トラフィック)

  • NIC1 がアクティブである

  • NIC2 がスタンバイ状態です

ポートグループ 2
  • 外部ネットワーク(データトラフィックと管理トラフィック)

  • NIC1 はスタンバイである

  • NIC2 がアクティブです

を参照してください "ネットワーキングの詳細" 2NICの導入の詳細については、セクションを参照してください。

標準 vSwitch 搭載の 4NIC ホスト

4 つの NIC 構成で ONTAP Select のパフォーマンスを向上させるには、 4 つのポートグループを使用して内部と外部のネットワークトラフィックを分離する必要があります。この推奨構成では、次のような特定の構成が環境 に推奨

  • ONTAP Select マルチノードクラスタ

  • NIC × 4 ( NIC1 、 NIC2 、 NIC3 、 NIC4 )

  • 標準 vSwitch

この環境では、次のように 4 つのポートグループを使用してトラフィックを設定する必要があります。

ポートグループ 1
  • 内部ネットワーク(クラスタ、 RSM トラフィック)

  • NIC1 がアクティブである

  • NIC2 、 NIC3 、 NIC4 スタンバイ

ポートグループ 2
  • 内部ネットワーク(クラスタ、 HA-IC トラフィック)

  • NIC3 がアクティブです

  • NIC1 、 NIC2 、 NIC4 スタンバイ

ポートグループ 3
  • 外部ネットワーク(データトラフィックと管理トラフィック)

  • NIC2 がアクティブです

  • NIC1 、 NIC3 、 NIC4 スタンバイ

ポートグループ 4
  • 外部ネットワーク(データトラフィック)

  • NIC4 はアクティブです

  • NIC1 、 NIC2 、 NIC3 、スタンバイ状態

を参照してください "ネットワーキングの詳細" 4 NICの導入の詳細については、セクションを参照してください。

ネットワークトラフィックの要件

ONTAP Select 環境のさまざまな参加者間でネットワークトラフィックが流れるように、ファイアウォールが適切に設定されていることを確認する必要があります。

ONTAP Select 環境の一部としてネットワークトラフィックを交換する複数の参加者またはエンティティがあります。これらの情報が導入され、ネットワークトラフィック要件の要約概要 で使用されます。

  • Deploy ONTAP Select 管理ユーティリティを導入する

  • vSphere / ESXi ホスト。クラスタ環境でのホストの管理方法に応じて、 vSphere サーバまたは ESXi ホストのどちらかを使用します

  • ハイパーバイザーサーバの ESXi ハイパーバイザーホスト

  • OTS ノード: ONTAP Select ノード

  • OTS クラスタ ONTAP Select クラスタです

  • Admin WS ローカル管理ワークステーション

次の表に、 ONTAP Select 環境のネットワークトラフィック要件を示します。

プロトコル / ポート 方向( Direction ) 説明

TLS ( 443 )

vCenter Server (管理対象)または ESXi (管理対象外)に導入

VMware VIX API

902

vCenter Server (管理対象)または ESXi (管理対象外)に導入

VMware VIX API

ICMP

ハイパーバイザーサーバに導入します

Ping

ICMP

各 OTS ノードに展開します

Ping

SSH ( 22 )

管理 WS を各 OTS ノードに割り当てます

管理

TLS ( 443 )

OTS ノードおよびクラスタに展開します

ONTAP にアクセスします

TLS ( 443 )

展開する各 OTS ノード

Deploy にアクセスします

iSCSI ( 3260 )

展開する各 OTS ノード

メディエーター / メールボックスディスク