日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ONTAP Select vNAS の要件

寄稿者

ONTAP Select vNAS は、 ONTAP Select データストアを、 ONTAP Select 仮想マシンを実行するハイパーバイザーホストの外部に配置するための解決策 です。これらのリモートデータストアには、 VMware vSAN または汎用の外付けストレージアレイを使用してアクセスできます。

基本的な要件と制限事項

ONTAP Select vNAS 解決策 は、サイズの異なる ONTAP Select クラスタで使用できます。

ハードウェア、ソフトウェア、機能の要件を含む、関連するすべてのストレージコンポーネントは、に記載されている要件に従う必要があります"VMware Compatibility Guide 』を参照してください"。また、 ONTAP Select は、 iSCSI 、 NAS ( NFSv3 )、ファイバチャネル、 Fibre Channel over Ethernet など、 _ VMware ストレージ /SAN 互換ガイド _ に記載されているすべての外付けストレージアレイをサポートします。外付けアレイのサポートは、 ONTAP Select がサポートする ESXi のバージョンによって制限されます。詳細については、 NetApp Interoperability Matrix Tool も参照してください。

ONTAP Select vNAS を使用してクラスタを導入する場合は、 VMware の次の機能がサポートされます。

  • vMotion

  • 高可用性( HA )

  • Distributed Resource Scheduler ( DRS )

注記 これらの VMware の機能は、シングルノードおよびマルチノードの ONTAP Select クラスタでサポートされています。マルチノードクラスタを導入する場合は、同じクラスタの 2 つ以上のノードが同じハイパーバイザーホストで実行されていないことを確認する必要があります。

VMware の次の機能はサポートされません。

  • フォールトトレランス( FT )

  • 仮想データストア( VVOL )

設定要件

外付けストレージアレイ( iSCSI 、ファイバチャネル、 Fibre Channel over Ethernet )で VMFS データストアを使用する場合は、ストレージを使用するように ONTAP Select を設定する前に、 VMFS ストレージプールを作成しておく必要があります。NFS データストアを使用する場合は、個別の VMFS データストアを作成する必要はありません。すべての vSAN データストアを同じ ESXi クラスタ内で定義してください。

注意 ホストの設定時やストレージの追加処理の実行時には、 VMware vSAN または外付けストレージアレイ上の各データストアの容量制限を指定する必要があります。外付けストレージで許可されるストレージの制限内の容量を指定してください。容量制限を指定しない場合や、ディスク作成処理の際に外付けストレージのスペースが不足している場合は、エラーが発生します。

ベストプラクティス

利用可能な VMware のマニュアルを参照し、 ESXi ホストの該当するベストプラクティスに従ってください。さらに、次の機能もあり

  • ONTAP Select ネットワークと外付けストレージ( iSCSI または NFS を使用する場合は、 VMware vSAN と汎用のストレージアレイのトラフィック)に専用のネットワークポート、帯域幅、および vSwitch の構成を定義します。

  • ストレージ利用率を制限するように容量オプションを設定します( ONTAP Select では、外部 vNAS データストアの全容量は使用できません)。

  • 可能な場合は、すべての汎用の外付けストレージアレイで、使用可能な冗長性機能と HA 機能を使用してください