日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ONTAP Select ライセンス

寄稿者

ONTAP Select ライセンスの管理の一環として実行できる関連タスクがいくつかあります。

大容量階層ライセンスを管理します

ONTAP Select の大容量階層ライセンスを必要に応じて追加、編集、削除できます。

手順
  1. 管理者アカウントを使用して、 Web インターフェイスから Deploy ユーティリティにサインインします。

  2. ページ上部の * 管理 * タブをクリックします。

  3. ライセンス * をクリックし、 * 容量階層 * をクリックします。

  4. 必要に応じて、 * Filter * をクリックし、表示するライセンスを制限します。

  5. 必要に応じて、ライセンスを選択し、をクリックします オプション( Options ) 既存のライセンスを管理します

  6. 新しいライセンスを追加するには、ページ上部の * 追加 * をクリックし、 * ライセンスのアップロード * をクリックして、ローカルワークステーションからライセンスファイルを選択します。

容量プールのライセンスを管理します

必要に応じて、 ONTAP Select 容量プールライセンスを追加、編集、削除できます。

手順
  1. 管理者アカウントを使用して、 Web インターフェイスから Deploy ユーティリティにサインインします。

  2. ページ上部の * 管理 * タブをクリックします。

  3. [Licenses] をクリックし、 [* Capacity Pools] をクリックします。

  4. 必要に応じて、 * Filter * をクリックし、表示するライセンスを制限します。

  5. 必要に応じて、ライセンスを選択し、をクリックします オプション( Options ) 既存のライセンスを管理します

  6. 新しいライセンスを追加したり、既存のライセンスを更新したりするには、ページの上部にある「 * 追加」をクリックしてから、「 * ライセンスのアップロード * 」をクリックし、ローカルワークステーションからライセンスファイルを選択します。

  7. 容量プールのリストを表示するには、次の手順を実行します。

    1. 「 * 概要 * 」をクリックします。

    2. プールを選択して展開すると、プールからストレージをリースしているクラスタとノードが表示されます。

    3. ライセンスの現在のステータスを [License Information] で確認します。

    4. リース期限の下でプールに対して発行されたリースの期間を変更できます。

  8. クラスタのリストを表示するには、次の手順を実行します。

    1. [ * 詳細 * ] をクリックします。

    2. クラスタを選択して展開し、ストレージ利用率を確認します。

容量プールライセンスの再インストール

すべてのアクティブな容量プールライセンスは、 Deploy 管理ユーティリティのインスタンスに含まれる特定の License Manager インスタンスにロックされます。容量プールライセンスを使用している場合に Deploy インスタンスをリストアまたはリカバリすると、元のライセンスは無効になります。新しい容量ライセンスファイルを生成し、そのライセンスを新しい Deploy インスタンスにインストールする必要があります。

作業を開始する前に
  • 元の Deploy インスタンスで使用されている容量プールのライセンスをすべて確認します。

  • 新しい Deploy インスタンスの作成時にバックアップをリストアする場合は、バックアップが最新かつ最新のものであるかどうかを確認してください。

  • 元の Deploy インスタンスで最後に作成された ONTAP Select ノードを特定します(元の Deploy インスタンスからの最新のバックアップが新しい Deploy インスタンスにリストアされない場合のみ)。

  • Deploy インスタンスをリストアまたは再作成します

大まかには、このタスクは 3 つのパートで構成されます。Deploy インスタンスで使用するすべての容量プールライセンスを再生成してインストールする必要があります。新しい Deploy インスタンスにすべてのライセンスを再インストールしたら、必要に応じてシリアルシーケンス番号をリセットできます。最後に、 Deploy の IP アドレスが変更された場合は、容量プールライセンスを使用するすべての ONTAP Select ノードを更新する必要があります。

手順
  1. ネットアップサポートに問い合わせて、元の Deploy インスタンスの容量プールライセンスのバインドを解除し、登録を解除しておきます。

  2. 各容量プールライセンスの新しいライセンスファイルを取得してダウンロードします。

    を参照してください "容量プールライセンスを取得しています" を参照してください。

  3. 新しい Deploy インスタンスに容量プールライセンスをインストールします。

    1. 管理者アカウントを使用して、 Deploy ユーティリティの Web ユーザインターフェイスにサインインします。

    2. ページ上部の * 管理 * タブをクリックします。

    3. [Licenses] をクリックし、 [* Capacity Pool*] をクリックします。

    4. [ * 追加 ] 、 [ * ライセンスのアップロード * ] の順にクリックして、ライセンスを選択してアップロードします。

  4. バックアップをリストアせずに新しい Deploy インスタンスを作成した場合、または最新ではないバックアップを使用した場合は、シリアルシーケンス番号を更新する必要があります。

    1. 管理者アカウントを使用して、 Deploy ユーティリティのコマンドラインインターフェイスにサインインします。

    2. 元の Deploy インスタンスで最後に作成されたノードのシリアル番号を表示します。

      node show -cluster-name cluster_name -name node_name -detailed ’

    3. 20 桁のノードシリアル番号の最後の 8 桁を抽出して、元の Deploy インスタンスで使用されていた最後のシリアルシーケンス番号を取得します。

    4. 新しいシリアル・シーケンス番号を作成するには、シリアル・シーケンス番号に 20 を追加します。

    5. 新しい Deploy インスタンスのシリアルシーケンス番号を設定します。

      「 license-manager modify -serial-sequence SEQ_NUMBER 」を参照してください

  5. 新しい Deploy インスタンスに割り当てられた IP アドレスが元の Deploy インスタンスの IP アドレスと異なる場合は、容量プールライセンスを使用するすべての ONTAP Select ノードで IP アドレスを更新する必要があります。

    1. ONTAP Select ノードの ONTAP コマンドラインインターフェイスにサインインします。

    2. advanced 権限モードに切り替えます。

      「 set adv` 」

    3. 現在の設定を表示します。

      「 system license license-manager show 」と表示されます

    4. ノードで使用する License Manager ( Deploy )の IP アドレスを設定します。

      'system license license-manager modify -hostnew_IP_address

評価用ライセンスを本番環境用ライセンスに変換する

ONTAP Select 評価用クラスタをアップグレードして、 Deploy 管理ユーティリティで本番用の大容量階層ライセンスを使用できます。

作業を開始する前に
  • ONTAP Select 9.5P1 は Deploy 2.11 以降で使用する必要があります

  • 各ノードには、本番環境ライセンスに最低限必要な容量をサポートするための十分なストレージを割り当てる必要があります。

  • 評価用クラスタのノードごとに大容量階層ライセンスが必要です。

シングルノードクラスタのクラスタライセンスを変更する場合は、システムが停止します。ただし、マルチノードクラスタの場合は、変換プロセスで各ノードが一度に 1 つずつリブートされてライセンスが適用されるため、これは該当しません。

手順
  1. 管理者アカウントを使用して、 Deploy ユーティリティの Web ユーザインターフェイスにサインインします。

  2. ページ上部の * クラスタ * タブをクリックし、目的のクラスタを選択します。

  3. クラスタの詳細ページの上部で、 * ここをクリック * をクリックしてクラスタライセンスを変更します。

    また、 [ クラスタの詳細 * ] セクションで評価ライセンスの横にある [ * 変更 * ] をクリックすることもできます。

  4. ノードごとに使用可能な本番環境ライセンスを選択するか、必要に応じて追加のライセンスをアップロードします。

  5. ONTAP クレデンシャルを入力し、 * Modify * をクリックします。

    クラスタのライセンスのアップグレードには数分かかることがあります。ページを離れる前、または他の変更を行う前に、プロセスを完了させてください。

評価用環境で各ノードに割り当てられていた 20 桁のノードシリアル番号は、アップグレードに使用する本番用ライセンスの 9 桁のシリアル番号に置き換えられます。