日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

計画した構成を確認

クラスタを拡張する前に、計画した構成がサポートされていること、必要なライセンスがあること、サイトが対応していること、クラスタスイッチが拡張をサポートしていること、既存のノードが同じバージョンの ONTAP 9 を使用していることを確認する必要があります。

クラスタに管理者としてログインするために必要なユーザ名とパスワード、およびネットアップサポートサイトにログインするために必要なユーザ名とパスワードの 2 セットのクレデンシャルが必要です。

手順
  1. 計画した構成を確認します。

    1. 新しいコントローラのプラットフォームがクラスタの既存のコントローラと混在可能であることを確認します。

    2. 拡張後のクラスタが、プラットフォームのシステム制限を超えないことを確認します。

    3. クラスタが SAN 用に構成されている場合は、拡張後のクラスタが FC 、 FCoE 、および iSCSI の構成制限を超えないことを確認します。

    これらの要件が満たされていないと、拡張を続行できません。

  2. ライセンスが新しいノードに対応していることを確認します。

    1. 既存のクラスタで、「 system license show 」コマンドを使用してライセンスを表示します。

      cluster1::> system license show
      
      Serial Number: 9-99-999999
      Owner: cluster1
      Package           Type    Description           Expiration
      ----------------- ------- --------------------- --------------------
      Base              site    Cluster Base License  -
      NFS               license NFS License           -
      CIFS              license CIFS License          -
      ...
    2. 出力を確認して、追加ノードに必要なノードロックライセンス(「 license 」タイプで識別)を特定します。

    3. 追加のノードに含まれているライセンスが、クラスタの既存のノードロックライセンスと一致していることを確認します。

    追加のノードに必要なライセンスがない場合は、続行する前にライセンスを追加購入する必要があります。

  3. サイトがすべての新しい機器に対応していることを確認します。

    サイトが対応していない場合は、拡張を続行する前にサイトを準備する必要があります。

  4. 既存のスイッチが追加のコントローラをサポートしていることを確認します。

    クラスタがスイッチレスの場合、または既存のスイッチが追加のノードをサポートしていない場合は、クラスタスイッチを入手する必要があります。クラスタスイッチはあとで取り付けることができます。

  5. 「 cluster image show 」コマンドを使用して、既存のクラスタ内のすべてのノードが同じバージョンの ONTAP 9 (該当する場合は、同じマイナーリリースおよびパッチを含む)を実行していることを確認します。

    cluster1::> cluster image show
                     Current                 Installation
    Node             Version                 Date
    ---------------- ----------------------- ------------
    cluster1-1       8.3RC1                  12/15/2014 17:37:26
    cluster1-2       8.3RC1                  12/15/2014 17:37:42
    2 entries were displayed.

    このワークフローの後半で参照できるように、 ONTAP ソフトウェアのバージョンをメモしておいてください。