日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

新しい SCSI デバイス( LUN )とマルチパスデバイスを検出

寄稿者 NetAppZacharyWambold

ストレージクラスタの LUN は、 Linux ホストでは SCSI デバイスとして認識されます。これは、新しいデバイスに DM-Multipath によって集約される I/O パスで、マルチパスデバイスと呼ばれます。システムに追加した新しい SCSI デバイス( LUN )は、ホストで自動的には検出されません。これらを検出するには、手動で再スキャンする必要があります。

Linux OS ディストリビューションの一部である「 g3_utils 」パッケージに含まれる「 re scan 」スクリプトのコピーが必要です。

手順
  1. 新しい SCSI デバイス( LUN )を検出し 'LUN に対応するマルチパス・デバイスを作成します

  2. DM-Multipath の設定を確認してください : 「マルチパス」

    次のような出力が表示され、各 NetApp LUN の推奨設定が示されます。

    3600a0980324666546e2b443251655177 dm-2 NETAPP,LUN C-Mode
    size=10G features='4 queue_if_no_path pg_init_retries 50 retain_attached_hw_handle' hwhandler='1 alua' wp=rw
    |-+- policy='round-robin 0' prio=50 status=active
    | |- 0:0:1:0 sdb 8:16  active ready  running
    | |- 0:0:0:0 sda 8:0   active ready  running
    | |- 1:0:0:0 sde 8:64  active ready  running
    | `- 1:0:1:0 sdf 8:80  active ready  running
    `-+- policy='round-robin 0' prio=10 status=enabled
      |- 0:0:3:0 sdd 8:48  active ready  running
      |- 1:0:3:0 sdh 8:112 active ready  running
      |- 0:0:2:0 sdc 8:32  active ready  running
      `- 1:0:2:0 sdg 8:96  active ready  running