日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

System Manager - ONTAP 9.7 以前を使用して、 AutoSupport 通知を管理します

ONTAP System Manager クラシック( ONTAP 9.7 以前で使用可能)を使用して、ストレージシステムの健常性の監視に役立つ AutoSupport 通知を設定できます。

AutoSupport 通知を設定する

System Manager の Edit AutoSupport Settings dialog box を使用して、 E メール通知の送信に使用する E メールアドレスを指定し、複数の E メールホスト名を追加することで、 AutoSupport 通知を設定できます。

手順
  1. * をクリックします> AutoSupport * 。

  2. ノードを選択し、 * Edit * をクリックします。

  3. [Email Recipient] タブで、電子メール通知の送信元の電子メールアドレスを入力し、電子メール受信者と各電子メール受信者のメッセージコンテンツを指定して、メールホストを追加します。

    ホスト名の E メールアドレスは 5 つまで追加できます。

  4. [* Others * (その他 * ) ] タブで、電子メールメッセージを配信する転送プロトコルをドロップダウンリストから選択し、 HTTP または HTTPS プロキシサーバの詳細を指定します。

  5. [OK] をクリックします。

  6. AutoSupport 通知用に設定した設定が、 * AutoSupport * ウィンドウで正しく設定されていることを確認します。

AutoSupport 設定を有効または無効にします

System Manager を使用して、ストレージシステムで AutoSupport 設定を有効または無効にすることができます。AutoSupport メッセージを使用すると、ストレージシステムのヘルスを監視したり、テクニカルサポートや社内のサポート部門に通知を送信したりできます。

AutoSupport オプションはデフォルトで有効になっています。

手順
  1. * をクリックします> AutoSupport * 。

  2. ノードを選択し、 * Enable * または * Disable * をクリックします。

  3. [OK] をクリックします。

  4. AutoSupport のステータスに変更内容が正しく表示されることを確認します。

AutoSupport E メール受信者を追加します

System Manager の AutoSupport 設定の編集ダイアログボックスの * E メール受信者 * タブを使用して、 AutoSupport 通知の受信者の E メールアドレスを追加できます。

手順
  1. * をクリックします> AutoSupport * 。

  2. ノードを選択し、 * Edit * をクリックします。

  3. [ 電子メール受信者 *] タブで、電子メール受信者のアドレスを入力し、受信者が完全なメッセージと短いメッセージのどちらを受信するかを指定して、 [ * 追加 ] をクリックします。

  4. [OK] をクリックします。

  5. 指定した詳細が * AutoSupport * ウィンドウに表示されていることを確認します。

AutoSupport 設定をテストします

System Manager の AutoSupport テストダイアログボックスを使用して、 AutoSupport が正しく設定されていることをテストできます。

手順
  1. * をクリックします> AutoSupport * 。

  2. ノードを選択し、 * Test * をクリックします。

  3. [* AutoSupport Test* ] ダイアログ・ボックスで、 AutoSupport の件名に「 Test AutoSupport 」と入力するか、 AutoSupport の設定をテストしていることを受信者に知らせる任意のテキストを入力します。

  4. [ * テスト * ] をクリックします。

    「 Test AutoSupport 」という件名の電子メールメッセージ、または「 AutoSupport subject 」フィールドに入力したテキストが、指定した受信者に送信されます。

AutoSupport データを生成します

System Manager を使用して 1 つまたは複数のノードの AutoSupport データを生成することで、それらのヘルスを監視したり、テクニカルサポートに通知を送信したりできます。

手順
  1. * をクリックします> AutoSupport * 。

  2. ノードを選択し、 * AutoSupport Request* > * AutoSupport 生成 * をクリックします。

    デフォルトでは、すべてのノードの AutoSupport データが生成されます。

  3. [Generate AutoSupport * ( * 生成ツール * ) ] ダイアログボックスで、次の手順を実行します。

    1. 特定のノードの AutoSupport データを生成する場合は、 [ すべてのノードの AutoSupport データを生成する *] チェックボックスをオフにして、ノードを選択します。

    2. ケース番号を入力します。

  4. [* 生成( Generate ) ] をクリックする。

  5. [* 確認 * ( * Confirmation * ) ] ダイアログボックスで、 [OK] をクリックします。

AutoSupport の概要を表示します

System Manager を使用して以前のすべての AutoSupport データのステータスと詳細を表示することで、テクニカルサポートに送信されたデータを確認することができます。また、ストレージシステムの健常性やパフォーマンスに関する情報も確認できます。

手順
  1. * をクリックします> AutoSupport * 。

  2. ノードを選択し、 * AutoSupport Request* > * View Previous Summary * をクリックします。

    すべてのノードの AutoSupport データが表示されます。

  3. [OK] をクリックします。

AutoSupport の重大度のタイプ

AutoSupport メッセージには、各メッセージの目的を示す重大度のタイプが設定されます。たとえば、緊急の問題にすぐに対処する場合や、情報提供のみを目的とした場合などです。

メッセージには次のいずれかの重大度が設定されます。

  • * 警告 * :アラートメッセージは、何らかの処置を行わないと、より高いレベルのイベントが発生する可能性があることを示します。

    アラートメッセージに対しては、 24 時間以内に対処を行う必要があります。

  • * 緊急 * :システム停止が発生すると、緊急メッセージが表示されます。

    緊急メッセージに対しては、すぐに対処する必要があります。

  • * エラー * :エラー状態は、無視した場合に発生する可能性がある問題を示します。

  • * 通知 * :通常の状態だが重要な状態。

  • * 情報 * :情報メッセージは、問題に関する詳細情報を提供しますが、これは無視してかまいません。

  • * デバッグ *: デバッグレベルのメッセージには、実行する必要がある手順が記載されています。

社内のサポート部門が AutoSupport メッセージを E メールで受信する場合、重大度は E メールメッセージの件名に表示されます。

AutoSupport ウィンドウ

AutoSupport ウィンドウでは、システムの現在の AutoSupport 設定を確認できます。システムの AutoSupport 設定を変更することもできます。

コマンドボタン

  • * 有効 *

    AutoSupport 通知を有効にします。* Enable * がデフォルトです。

  • * 無効 *

    AutoSupport 通知を無効にします

  • * 編集 * 。

    Edit AutoSupport Settings ダイアログボックスを開きます。このダイアログボックスで、 E メール通知の送信元の E メールアドレスを指定したり、ホスト名の複数の E メールアドレスを追加したりできます。

  • * テスト *

    AutoSupport テストダイアログボックスを開きます。このダイアログボックスで、 AutoSupport テストメッセージを生成できます。

  • * AutoSupport リクエスト *

    次の AutoSupport 要求を実行します。

    • * AutoSupport を生成 *

      選択したノードまたはすべてのノードの AutoSupport データを生成します。

    • * 前の概要を表示 *

      以前のすべての AutoSupport データのステータスと詳細を表示します。

  • * 更新 *

    ウィンドウ内の情報を更新します。

詳細領域

詳細領域には、ノード名、 AutoSupport のステータス、使用される転送プロトコル、プロキシサーバの名前など、 AutoSupport の設定情報が表示されます。