日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

OnCommand ® System Manager を使用したクラスタ管理

寄稿者

System Manager は、グラフィカルな管理インターフェイスで、ストレージシステムおよびストレージオブジェクト(ディスク、ボリューム、アグリゲートなど)の管理やストレージシステムに関連する一般的な管理作業を Web ブラウザから実行できます。クラスタ管理者は、クラスタとそのリソースを System Manager ですべて管理できます。

注記

System Manager は実行ファイルとしては提供されなくなりました。 Web サービスとして ONTAP ソフトウェアに搭載されており、デフォルトで有効になっていて、ブラウザからアクセスできます。

注記

System Manager は、以前のバージョンから名称が変更されています。バージョン 9.5 以前は OnCommand System Manager でしたが、バージョン 9.6 以降は ONTAP System Manager になります。

System Manager では、次のような多くの一般的な作業を実行できます。

  • クラスタを作成し、ネットワークを設定し、クラスタのサポートの詳細を設定する。

  • ディスク、アグリゲート、ボリューム、 qtree 、クォータなどのストレージオブジェクトを構成し、管理する。

  • CIFS および NFS などのプロトコルを設定し、ファイル共有をプロビジョニングする

  • FC 、 FCoE 、 NVMe 、 iSCSI などのプロトコルをブロックアクセス用に設定する。

  • サブネット、ブロードキャストドメイン、データ / 管理インターフェイス、インターフェイスグループなどのネットワークコンポーネントを作成および設定する。

  • ミラー関係とバックアップ関係をセットアップおよび管理する。

  • クラスタ管理、ストレージノード管理、および Storage Virtual Machine ( SVM )管理の処理を実行する。

  • SVM の作成と設定、 SVM に関連付けられたストレージオブジェクトの管理、および SVM サービスの管理を行う。

  • クラスタで HA 構成を監視および管理する

  • ノードに対してその状態に関係なくリモートでログイン、管理、監視、および管理を行うようにサービスプロセッサを設定します。